9月12日(火)より、グラチャンバレーの男子の試合が始まります!

初戦はアメリカという事で、高いブロックの壁を超える事が出来るのかがポイントになってきます。

そこで、ジャンプ力がすごいエースの石川祐希選手のプレーや、最高到達点について検証してみました。

スポンサードリンク

石川祐希のジャンプ力がすごい!

全日本のエース石川祐希選手のジャンプ力がすごい!と話題になっています。

石川祐希選手はサーブやスパイク、ブロックでもそのジャンプ力を発揮しています。

ジャンプ力の秘密はどこにあるのでしょうか?

まず、体は周りの選手と比べるとやや細身ですが、これは高くジャンプするためにはベストな体型と言われています。

次に筋力なのですが、石川選手は細身の体ですが筋肉はしっかりとついています。

腹筋と背筋がしっかりついていると、空中でも体がぶれずに体幹が安定してきます。

次に柔軟性です。石川選手は体が柔らかい為、アタックの体制に入るときに体を思いっきりしならせてパワーをボールに伝える事が出来ます。

この柔軟性と、筋力のバランスで海外の体の大きい選手と比べても遜色のないパワーのあるボールを打ち込めるのです。

柔軟性があり、体全体を使うため一部に負担がかかる事がなく怪我も少なくなります。

また、石川祐希選手が世界の選手に負けないプレーが出来るのは、ジャンプ力だけではありません。

石川選手のプレーを見ていただければすぐに気が付くと思いますが、スパイクなどでの滞空時間がとても長いんです。

筋力と瞬発力に優れているため、最高到達点に行くスピードがとても早く高い位置に長い時間いれるのです。

滞空時間が長いと相手のブロックを見てボールを打ち分ける事が出来る為、バレーボール選手には大きな武器となります。

また柔軟性を活かして、少々無理な体制でもボールを打てたりブロックと逆側にスパイクを打てたりするのです。

体の大きい世界の選手を相手にすると、どうしても体の小さい日本人選手はこういったブロックありきのスパイク対応が必要となります。

石川祐希選手は歴代の日本代表の中でも、こういった空中での対応力はトップクラスです。

石川祐希のプロフィール

グラチャンバレー男子日本代表の石川祐希選手のプロフィールを紹介します!

生年月日:1995年12月11日(21歳)

血液型:AB型

出身地:愛知県岡崎市

身長:191cm

体重:74kg

趣味、特技:バレーボール、長風呂

出身校:岡崎市立矢作南小学校→岡崎市立矢作中学校→星城高校→中央大学

爽やかな笑顔で女性ファンが非常に多い石川祐希選手は、別名「バレーの王子様」と呼ばれています^^

石川祐希選手の登場で男子バレーの人気は今までにないほどとなったそうです♪

スポンサードリンク

石川祐希の最高到達点は?

ジャンプ力については解説させていただきましたが、実際にどのくらいジャンプできるのか気になりますよね?

石川祐希選手の最高到達点について調べてみました!

まず初めに、最高到達点とは‥ジャンプした時の床から指先までの距離の事です^^

石川祐希選手の最高到達点は‥345cmでした!!

2mを超える選手と変わらないの数字です。

ちなみに、日本での公式記録としての最高到達点記録は福澤達哉選手(身長189㎝)の355cmです。

345㎝とか355㎝ってどれくらいなのか想像がつきませんよね~

参考までに申し上げますと、アジアゾウの肩までの高さが2.5mから3mで、アフリカゾウの肩までの高さが3mから3.9mと言われております。

なのでアフリカゾウの肩まで届いちゃうというわけですね!余計分かりずらくなりましたwとにかくすごいという事です!

石川祐希,アタック,写真

まとめ

グラチャン男子バレー日本代表の石川祐希のジャンプ力のがすごいという事で、ジャンプ力について検証してみました。

また、プロフィールや最高到達点について調べてみました!今回のグラチャンでも活躍する事間違いないの石川選手に注目です♪

スポンサードリンク