5月22日、日大アメフト部が関西学院大学との試合中に悪質タックルをした件について、

加害者である宮川泰介選手が会見を開き謝罪・弁明しました。

今回は、会見の中で出て来た「悪質タックル指示をしたコーチ」について調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

日大アメフト部の悪質タックルはコーチが指示?

5月22日、日大アメフト部の宮川泰介選手が会見を開きました。

関西学院大学との定期戦で、悪質なタックルを負傷させた問題について、タックルに及んだ経緯などを語りました。

宮川泰介選手は、冒頭「大きな被害と多大な迷惑をかけたことを深く反省しております」と深々と頭を下げました。

そして報道されていた通り、タックルは内田正人監督らから指示をされていたことを明かしました。

反則行為を指示されたのは、試合の数日前。

「やる気が足りない」などとしてコーチから練習から外された後、

「(試合で使ってほしかったら)相手のクオーターバックを1プレー目で潰せ」

などと反則行為をするように言われていたことを明かしました。

そして試合直前に「潰しにいくから(試合で)使って下さい」と申し出たところ、

内田監督から「やらないと意味がない」

コーチから「できませんでは済まされない。分かってるな」と念を押されたそうです。

完全な確信犯だったようです。

これは本当に許され難い問題ですね。

18日には、両親とともに被害選手とその両親らに謝罪しに行った宮川選手。

その後大学の対応が遅いこと、部として事情聞き取り予定がないことから会見を決意したそうです。

内田正人監督だけでなく、コーチの名前まで上がったことに注目が集まりそうですね。

関連記事はこちら→日大アメフト宮川泰介退部はかわいそう!監督の指示でも逮捕?会見は

指示したコーチは井上奨!

日大アメフト部の悪質タックルを指示したコーチが誰なのか調べてみました。

内田正人監督とともに、宮川泰介選手へ反則行為を指示したのは・・井上奨コーチでした。

【井上奨(いのうえ・つとむ)】

生年月日:1988年?月?日

所属:日大スポーツ科学部

役職:アメフト部コーチ

以前から、井上コーチは宮川選手に対して、

「宮川はやる気がない」

「お前は闘志が足りないから日本代表にはいくな」

と試合にも出さず厳しい態度を取っていたそうです。

そして今回の試合前に、

「相手のQB(クォーターバック)を潰すので試合に出して下さいと監督に言ってこい」

と指示をしたのです。

もちろん内田正人監督にも責任はありますが、一番最初に反則行為を指示したのは井上コーチというわけですね。

思いもよらぬところに黒幕がいたようです。

スポンサードリンク

経歴がやばい?

宮川泰介選手の会見により、日大アメフト部の悪質タックルを指示したのが井上コーチだと判明しました。

Twitterなどでは井上コーチの名前が急上昇し話題になっています。

なんでも、井上コーチの経歴がやばいというのです。

5ちゃんねる(2ちゃんねる)の情報によると、

学生時代に、あるビデオに出たという疑惑があるようです。

なかなか怪しい疑惑ですね〜

現在、井上コーチは行方をくらましているとのことです。

宮川泰介選手も内田正人監督も公の場で謝罪をしていますので、井上コーチも何らかの対応が必要となるでしょう。

井上コーチ,写真

まとめ

日大アメフト部の悪質タックルが井上奨コーチの指示だったと分かりました。

内田正人監督ばかりが批判されていましたが、これからコーチにも責任の追及が始まりそうですね。

この井上コーチは経歴がやばいとの噂もあり怪しい人物な匂いがプンプンします。

顔と名前を出して告白した宮川泰介選手は、相当勇気がいる行動をされました。

この勇気を無駄にせず、しっかりと悪の根源を絶ってもらいたいですね。

スポンサードリンク