2019年3月21日に引退を表明したイチロー選手。

東京ドームで行われたアスレチックス戦に先発出場したイチローは、試合終了後に会見を開きました。

85分に及ぶ会見の中では、家族の存在も話題に上がりました。

そこで語られたのは弓子夫人、そして愛犬の一弓の存在。

イチローの愛犬がどんなワンちゃんなのか、気になる方も多いでしょう。

今回は、イチローが可愛がっている愛犬の一弓について徹底的に調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

イチローの愛犬・一弓(いっきゅう)について

イチローには、長年可愛がっている愛犬がいます。

性別はオスで名前は一弓(いっきゅう)と言います。

一郎,一弓,愛犬,画像

シアトルの地元紙では「IKKYU」で通じるぐらい有名な存在です。

ここでは、イチローの愛犬・一弓について詳しく紹介させていただきます。

関連記事:イチローが白髪を染めない理由がカッコよすぎる!坊主頭も似合うと話題に

一弓の犬種は?

イチロー選手の愛犬・一弓の犬種は、柴犬です。

柴犬は国の天然記念物に指定されている日本犬。

日本では古くから狩猟犬や番犬として飼育されてきました。

同じ日本犬の秋田犬よりも、一般的にペットとして多く飼われているワンちゃんですね。

柴犬はとても利口で飼い主に忠実な性格が多いですが、ドキュメンタリー映像を見ると一弓もとてもお利口さんでイチローを慕っていることが分かります。

柴犬はアメリカやヨーロッパでも「Shiba」「Shiba ・Inu」と呼ばれ、人気の犬種で。

2009年にはリチャード・ギア主演の映画「HACHI〜約束の犬〜」で柴犬が登場し、広くその犬種が知られることとなりました。

この頃から大物セレブや有名人がこぞって柴犬を飼い出し、人気に火がつきました。

一弓の名前の由来

イチローの愛犬の名前は一弓(いっきゅう)。

少し珍しい名前ですね。

名前の由来はイチロー夫婦の名前の漢字です。

  • イチローの(一朗)の「一」
  • 弓子夫人の「弓」

一文字ずつとって「一弓」と名付けられました。

イチロー,弓子夫人,一弓,画像

イチローは初めてマスコミに犬の名前を聞かれた時、公表する前に「彼の意見を聞かないとね」と話していました。

この一言から、イチローが一弓を1人の家族として、とても大事にしていることが感じ取れますね。

弓子夫人は2005年に資産管理会社「IYIコーポレーション」を設立していますが、この会社の名前の由来にも一弓の姿あります。

  • イチロー(I)
  • 弓子(Y)
  • 一弓(I)

一弓は、イチロー夫婦にとって掛け替えのない家族といえる存在なのでしょう。

いつから飼っている?年齢は

イチロー夫妻は、一弓をいつから飼っているのでしょうか?

飼い始めた時期を調べてみると、イチローがメジャーリーグに挑戦した頃だと分かりました。

1999年に結婚したイチローと弓子夫人。

2000年11月19日にシアトル・マリナーズと3年契約で合意し、28日に渡米しました。

その一年後、2001年に生まれた一弓は、2002年にシアトルにあるイチローの家にやってきました。
一郎,一弓,愛犬,画像

日本生まれ・シアトル育ちの一弓。

年齢は2019年3月現在で17歳と7か月。

今年18歳になろうとしています。

柴犬の年齢の重ね方を人間で例えると、1歳半頃に人間の20歳位、1歳半を過ぎてからは1年に4歳ずつ年をとると言われています。

つまり、一弓は現在人間でいうと84歳

柴犬の平均寿命は一般的に15歳前後と言われていますので、かなり長生きです。
イチロー,弓子夫人,一弓,画像

一弓はきっと、イチローが選手として懸命に戦っていることを分かっていたのでしょうね。

子供のいない鈴木夫婦にとって特別な存在

イチローにとっての一弓は、まさに親子のような存在です。

日本人野手初めてのメジャーリーガーとしてシアトルに移ってから、弓子夫人と二人三脚で過ごしてきたと言われているイチローですが、そこにはいつも一弓の姿がありました。

二人三脚ならぬ、三人四脚だったと言えるでしょう。
イチロー,弓子夫人,一弓,画像

また、「一弓」という名前からも、イチローがどれだけ一弓に特別な思いを持っているかが読み取れます。

イチロー自身の「一郎」という名前の由来は、祖父の銀一さんの「一」という漢字を受け継いで名付けられました。

自身と奥様の名前をとって名付けた一弓には、人間の子供と同様の想いを持っていることが分かりますね。

イチロー夫妻には子供がいません。

できなかったのか、作らないことを選んだのか…デリケートなお話なので真相は追求しませんが、そんな夫婦にとって、一弓はまさに子供のような存在なのでしょう。

一郎,一弓,愛犬,画像

もう一匹の愛犬・宗郎

イチロー夫妻には、実は一弓の他のもう一匹愛犬の存在があるのをご存知でしょうか?

もう一匹の愛犬の名前は、宗郎(むねろう)

一弓の子供です。

2013年に一弓に5匹の子犬が生まれ、宗郎はその長男に当たります。

宗郎の名前の由来は…お気付きの方もいると思いますが、川崎宗則さんです。

イチロー,川崎宗則,画像

自らを「イチローのストーカー」と名乗り、2012年にソフトバンクホークスの高額契約を蹴ってイチローのいるシアトル・マリナーズへ渡ったツワモノ。

何よりイチローを愛しているムネリン(川崎宗則選手)は、イチローにとって可愛い弟のような存在です。

そんな弟分の名前から、

  • 川崎宗則の「宗」
  • イチロー(一郎)の「郎」

漢字を1文字ずつとって「宗郎」と名付けられました。

イチローは以前ムネリンについて「同じ日本人メジャー選手として大事な存在」と話しています。

自分の愛犬に名前を使ったのは、弓子夫人とムネリンの2人だけ。

イチロー,川崎宗則,画像

それだけムネリンが特別な存在ということが分かります。

一弓死去はガセネタだった!

イチローにとって息子とも言える存在の一弓。

2012年には「死去した」という噂もありますが、どうやらガセネタだったようです。

一郎,一弓,愛犬,画像

イチローが引退会見を開いた2019年3月21日現在も、ご存命です。

どこから死亡説が出たのか分かりませんが、まだまだ長生きしてほしいものですね。

スポンサーリンク

引退会見でのエピソードが泣けると話題に

イチローが引退会見で語った、愛犬のエピソードが泣けると話題になっています。

ここでは、会見での愛犬エピソードと、世間の反応を紹介させていただきます。

引退会見で愛犬・一弓の存在に言及

引退会見の中で、イチローが一弓ことを話したのは、弓子夫人のことを聞かれた時でした。

記者から「イチローさんを支えてきた弓子夫人への思いは?」との問いに、長年支えてくれた弓子夫人への感謝の想いを述べたイチロー。

そこでコメントは終わると思えましたが、同じ家族である一弓にも言及したのです。

その時のコメント全文がこちらです。

それと一弓(いっきゅう)ですね。
一弓というのはご存じない方もいるかもしれないですけど、我が家の愛犬ですね。
柴犬なんですけど。現在17歳と7か月。
今年で18歳になろうかという芝犬なんですけど。
さすがにおじいちゃんになってきて、毎日フラフラなんですが、懸命に生きているんですよね
その姿を見ていたら、それはオレ頑張らなきゃなって。
これはジョークとかではなくて、本当に思いました。あの懸命に生きる姿。(一弓は)2001年に生まれて、2002年にシアトルの我が家に来たんですけど、まさか最後まで一緒に、僕が現役を終えるときまで一緒に過ごせるとは思っていなかったので、これは大変感慨深いですね。
一弓の姿というのは。

本当に妻と一弓には感謝の思いしかないですね

弓子夫人と同じように、自分を支えてくれた存在として一弓のことを語ったイチロー。

この2人と1匹の絆は、何にも変えがたい、特別なものです。

ぜひ、引退後は弓子夫人、そして一弓との家族の時間をゆっくり過ごしてほしいですね。

イチロー,一弓,愛犬,画像

ネットの反応は

イチローが引退会見で語った愛犬・一弓へのエピソードについて、ネットの反応を見てみましょう。

イチロー自身の涙はない、爽やかな会見でしたが、視聴者はこの愛犬とのエピソードに涙腺が緩んだようですね。

イチローは引退後はSNSもやることも、日本のテレビに出まくることもないでしょう。

ですので私たちが一弓の現在の姿などが見られることはないでしょうが、出来るだけ長生きして、引退後のイチローとの時間をたくさん過ごしてほしいですね。

まとめ

イチローの愛犬・一弓について、名前の由来から引退会見のエピソードなどを紹介させていただきました。

柴犬の一弓は、子供のいないイチロー夫婦にとって息子のような存在です。

一時期死去説も出ていましたが、17歳となった現在も懸命に生きてイチローに力を与えていたことが分かりました。

選手人生に幕を下ろしたイチローは、自身の今後について「今まで通り忙しく動き回っているだろう」と話していましたが、ぜひ弓子夫人や一弓との家族の時間をゆっくり過ごしてほしいですね。

スポンサーリンク