楽天の星野仙一球団副会長が1月4日に亡くなったことが分かりました。

「燃える男」、「闘将」と呼ばれた名監督がこの世を去り、悲しみの声が寄せられています。

今回は星野仙一監督の病気を治療していた病院やお別れ会の予定などについて調べてみました。

スポンサードリンク

星野仙一監督亡くなる

楽天の星野仙一球団副会長が1月4日にこの世を去りました。

70歳というまだまだ若い年齢での突然の訃報に驚きの声が上がっています。

詳しい死因は明かされていないようですが、昨年末に体調が悪化していたそうで、

年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていたとのことです。

星野監督は現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任しています。

計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の2013年には自身初の日本一に輝き、2017年には野球殿堂入りしています。

「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、弱いチームを強くする事に力を注ぎました。

監督でも感情むき出しで闘う姿はファンからも愛されていましたね。

まだまだ楽天に関わって球界を盛り上げてほしかったので、とても残念です。

お別れ会の予定は?

星野仙一監督が70歳の若さでこの世を去りました。

中日、阪神、楽天の監督を務め、厳しいだけでなく愛のある指導でチームをまとめる姿は多くの野球ファンから愛されていました。

野球界を代表する闘将、星野仙一監督のお別れ会の予定があるのかについて調べてみました。

亡くなったのも2日前ということで、まだ葬儀などの予定も決まっていないようでした。

お別れ会についての情報も入ってきていませんが、恐らく東北で行われるのではないかと予想しています。

まだ情報が入り次第更新させていただきます!

スポンサードリンク

病気は膵臓癌で永井病院で治療か?

星野仙一監督が亡くなり、その原因に注目が集まっています。

詳しい死因についてはまだ明かされていませんが、球団関係者によると、最後はがんで闘病していたようです。

星野監督の名前を調べると「膵臓癌」というワードが出てくるのでもしかしたら膵臓癌が原因だったのかもしれません。

その他にも糖尿病や胸椎黄色靱帯骨化症などの難病とも闘ってきたそうです。

膵臓癌は発見も難しく、発祥部位によっては手術も難しい癌です。

最後は眠るように息を引き取ったそうですから、苦しみがなかった事は家族にとっても救いだったのではないでしょうか。

続いて治療していた病院を調べてみました。

病院についても詳しい情報は出ていませんが、星野監督の娘さん2人の嫁ぎ先が病院だということが分かりました。

永井病院は三重県津市にある病院で、がんのリハビリテーションなども行っています。

恐らくですが、癌の進行も進んでいることから無理に手術をするよりも病気と寄り添って生きる道を選ばれたのでしょう。

家族がいる病院なら色々と安心な部分もあるでしょうから、永井病院で治療していた可能性は高いと思います。

星野仙一,写真

まとめ

星野仙一監督のお別れ会の予定や病気や治療先の病院について紹介させていただきました。

まだお別れ会の情報は出ていませんが、近いうちに東北で行われるものと見られています。

病気は膵臓癌と噂されており、最後は娘さんが嫁いだ永井病院で治療していたのではないかと言われています。

お別れ会に参加したいという野球ファンの声も多く上がっているので、是非ファンがお別れする場を設けてほしいですね。

スポンサードリンク