11月1日に日本シリーズの第4戦が行われました。

ソフトバンクに3連勝を許していたDeNAが見事ホームで勝利をもぎ取りました。

DeNAの先発投手の濱口選手が7回までノーヒットノーランの好投を魅せたことが話題になっています。

ルーキーの濱口選手は見事なピッチングで、新人王の可能性も出てきました!

今回は、DeNAの濱口選手についてまとめてみました。

スポンサードリンク

日本シリーズDeNAが初勝利!

11月1日に日本シリーズ第4戦が横浜スタジアムにて行われました。

開幕からソフトバンクが3連勝という苦しい展開でしたが、DeNAはホームで見事勝利を勝ち取りました。

DeNAの日本シリーズでの勝利は19年ぶりです。

ホームとなる横浜スタジムでのファンの応援がチームを後押しをする形で、反撃への一歩を踏み出しました。

明日は運命の第5戦となります。

DeNAのアレックス・ラミレス監督は「今日の勝利はファンのお陰です。明日もこの調子で勝ちに行きましょう」とファンに呼びかけました。

DeNA濱口が7回までノーヒットノーラン!

11月1日、日本シリーズ第4戦にて横浜DeNAベイスターズが初勝利を上げました。

先発投手である濱口遥大選手(22歳)がルーキーながら見事なピッチングを見せてくれました!

濱口選手は気迫あるピッチングでソフトバンクの強力打線をピシャリと押さえ、7回までノーヒットノーランという素晴らしい投球でした。

ピッチング内容は、7回2/3回で119級を投げ、打者28人被安打7と文句のつけようがない素晴らしい結果でした。

試合後のヒーローインタビューのお立ち台は濱口選手、高城選手、宮崎選手の三選手でした^^

三選手は「明日も絶対勝ちます!」と力強い声を上げ、逆襲を誓いました。

スポンサードリンク

新人王なるか?

日本シリーズ第4戦で、DeNA先発投手の濱口選手が7回までノーヒットノーランという素晴らしいピッチングを見せてくれました。

濱口選手は2016年に神奈川大学からドラフト1位指名でソフトバンクへ入団しました。

大学時代は、全日本大学選手権で最優秀投手にも選ばれています。

体格は173cmと小柄ながら、オーバースローから最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと決め球であるブレーキの効いたチェンジアップを中心に

スライダーやフォーク、ナックルカーブなどの変化球を使用しています。

入団後は塚原賢治トレーナーに鍛えられ、メキメキと頭角を現していきました。

今回の日本シリーズでの7回までノーヒットノーランに押さえる好投で、新人王になるのでは?という声が上がっています。

ルーキーでソフトバンクの超強力打線を抑えるのは並大抵の事ではありません。

キャッチャーのリードが良かったこともありますが、ここまでいい投球をした濱口選手が新人王になってほしいですね^^

濱口,写真

まとめ

日本シリーズ第4戦で、DeNAが見事初白星を上げました!

先発の濱口選手が7回までノーヒットノーランという素晴らしいピッチングでソフトバンク路線を見事に押さえました。

この好投に、新人王に選ばれるのではないかという期待の声も上がっていますので期待したいですね!

スポンサードリンク