3月6日、ピン芸人のナンバーワンを決める大会

「R-1ぐらんぷり2018」の決勝戦が開催されます。

今回は決勝進出者の中から、濱田祐太郎さんを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

R-1ぐらんぷり決勝の注目は濱田祐太郎!

3月6日、年に一度のピン芸人の頂点を決める

「R-1ぐらんぷり2018」が放送されます。

昨年はこの大会で優勝したアキラ100%さんは大ブレイクとなりました。

今年も2018年のブレイク芸人がここから誕生することでしょう。

決勝進出者の中で注目度が高い芸人さんは、

濱田祐太郎さんです!

濱田,写真

芸歴5年目の漫談家の濱田祐太郎さんは、一見ノーマークな存在ですが、

”異色の芸人”と決勝進出者の中でも既に多くのメディアが取り上げています。

それは、濱田祐太郎さんが視覚が不自由であるからです。

濱田さんは生まれつき全盲に近い弱視で、

左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度です。

M-1、R-1、キングオブコントなど様々な大会を見渡しても

視覚の不自由な芸人の決勝進出は史上初となります。

濱田祐太郎さんの漫談は、主に自らのハンデを自虐的に取り上げるネタです。

障害をネタにすると、時に聞き手が嫌悪感を抱くような表現になるように思えますが、

濱田さんの場合は絶妙なユーモアで笑いに変えています。

R-1ぐらんぷり決勝の舞台ではどんなネタで挑んでくるのか、楽しみですね!

濱田祐太郎のプロフィール

R-1ぐらんぷり2018の決勝進出者、

濱田祐太郎さんのプロフィールを調べてみました!

生年月日:1989年9月8日

身長:171cm

体重:85kg

血液型:O型

出身地:兵庫県 神戸市

趣味:フォークギター、アコースティックギター、

フィンガーピッキング、大食い

特技:あんまマッサージ指圧師、針師、

自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事

目標:「お笑い芸人で生活していきたい」

NSC大阪35期

濱田祐太郎,写真

濱田さんが芸人という職業に興味を持ったのは小学生の頃、

「ビッキーズ」「ハリガネロック」をテレビで見て、その漫才に夢中になりました。

(この好みでお笑いファンからの濱田さんの好感度が上がったと思いますw)

中学生になると「将来、舞台に立ちたい」と強く思うようになっていました。

「外で走り回るようなロケはできないけど、劇場なら話せる」という考えがありました。

小中は健常者と同じの学校に通ってから、盲学校に入学しました。

芸人を志していた中で「親を安心させるために」という思いから、

18歳であんまマッサージ指圧師、21歳で針とお灸の資格を取得しました。

盲学校卒業後は、NSCに入学しますが、

「目の不自由な人をサポートする仕組みはないから、どこまでできるか分からない」

と言われたこともあったそうです。

しかし濱田さんは、強い気持ちで自身の芸を磨き続けました。

観客の顔が見えないため、反応は耳で感じ取っており、

笑いが起きない時は「今日はお客さんがいない」と自らに言い聞かせて、

乗り切るようにしているそうです^^

初めての舞台は2012年のR-1グランプリで準決勝まで勝ち残りました。

「むちゃくちゃ緊張した。ずっと膝が震えていた。家帰るまで震えていた」

と初舞台の感想を語っています。

地道に努力を続けて、2017年10月には「NHK新人お笑い大賞」の決勝に勝ち残っています。

今回、R-1ぐらんぷり7度目の挑戦でつかんだ決勝の舞台。

優勝を「一番近い目標」と語りました。

なぜ、そこまでお笑いにこだわるのかを問われると、

「他にやりたいことがないから」

「マッサージ師をやりたいと少しでも思ったら、そっちの道を進んでいる」

「子供の時に見た漫才にはまって、お笑いに憧れ続けている」

取材の記者から「他の障害を持った方を勇気づけたい思いはあるか」と聞かれると、

「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ」

「お笑いを通して、障害者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやってるのではと」

「僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障害があってもなくても構わない」

個人的にはこの言葉がすごく正直で素敵だなと感じました^^

障害をネタにこそしていますが、決して差別的でもなく、

他の芸人さんの「イケメン」「ブス」「ナルシスト」「ハゲ」「独身」などと

同じような”自分のキャラ”として使っているような感じですよね。

ご本人は特別障害者へ勇気づけるためにやっていなくても、

勇気をもらう方は実際多くいらっしゃると思います。

R-1の舞台でも自分の力を出し切って会場を沸かせてほしいですね^^

濱田祐太郎のネタ動画!声がかっこいい!

R-1ぐらんぷり2018の決勝に進出した濱田祐太郎さんの、

ネタ動画を紹介させていただきます!

動画はこちらから↓

濱田祐太郎 バリアフリー漫談

濱田祐太郎 【よしもと漫才劇場3周年SPネタ】

ネタを見た方の感想を見ると、

「声がかっこいい」「声がいい」

と濱田さんの声を褒める人が多くいらっしゃいました。

かっこいいかどうかは難しいところですが、

明るく聞き取りやすい声ではありますね^^

漫談家というしゃべりがメインである以上、

声が聞き取りやすくて不快でないことは大きいです。

個人的には、、

耳だけで観客の反応を感じ取って対応しているなと感じました。

正直、結構スベっている時もあるのですが

その場の対応で”そこそこ”くらいのスベり具合に持ち直しているのかなと。

しゃべりも流暢で、トークの地力があることがよく分かります。

ここからネタのレベルも上がっているでしょうし、これからが楽しみな芸人さんです。

スポンサーリンク

ヒャダインに似てる?

R-1ぐらんぷりの決勝進出者、濱田祐太郎さんに似てる芸能人を探してみました。

私が見つけてきたのは、ヒャダインこと前山田健一さんです!

ぱっちりとした目と濃いめの眉毛がそっくりだと思います^^

ヒャダイン,写真

続いて、ヒャダインさんの学生時代の写真と比べてみましょう。

ヒャダイン学生,写真

似てますね〜

一番似てるのはヒャダインさんかなと思っているのですが、

もう一人、濱田祐太郎さんと似てる芸能人を見つけてきました。

演技派俳優の染谷将太さんです!

ちょっと影のある感じが似てると思います。

似てる芸能人からしても濱田祐太郎さんがイケメンであることが分かりますね^^

染谷将太,写真

まとめ

R-1ぐらんぷり2018の決勝進出者、

濱田祐太郎さんについて紹介させていただきました。

ネタはご自身の障害についてのものが多いのですが、

ちゃんと笑えるネタになっています。

目が不自由というのも感じさせない堂々とした舞台ですね。

しゃべりも上手なので、これからが楽しみな芸人さんです。

スポンサーリンク