大学駅伝の最高峰「箱根駅伝」まで1か月を切りました。

今年は出雲駅伝、全日本駅伝でも各校が王者青学の優勝を阻むなど、上位校の実力が拮抗している状態です。

今回は箱根駅伝での活躍が期待されている王者青学の4年生・下田裕太選手について紹介させていただきます。

イケメンでかっこいいという女性ファンの声や、進路のGMOアスリーツについて調べてみました!

スポンサードリンク

青学下田裕太がイケメンでかっこいい?

箱根駅伝で優勝が期待されている青学のエース・下田裕太選手がかっこいいと話題になっています。

下田選手は高校時代は無名選手でしたが、原監督に見入られて青学へ入学後フォームを改善した事で一流の選手へと成長しました。

青山学院大学の往復完全優勝と2連覇に貢献しているエースの下田裕太選手は女性ファンからも大人気です。

「下田裕太君ってなかなかのイケメン」「青学8区の下田さんイケメン」

「駅伝の走りはすごいしイケメンだなあと思ってたらオタクだったwでも好き」

「青学の下田さんが普通にイケメン」「下田さんかっこいいと思う!」

「走っている姿はかっこいい!」「下田裕太選手やっぱかっこいい!」

顔だけでなく、走りや性格も好きという女性ファンが多いようです^^

明るくファンサービスをしてくれる事も人気のひとつと言われています。

4年生ということで今年は下田選手にとって最後の箱根駅伝となります。

下田選手が気になる方は、現地まで見に行って応援しましょう!

下田裕太のプロフィール

箱根駅伝で活躍が期待されている青学の下田裕太選手のプロフィールを調べてみました。

生年月日:1996年3月31日(21歳)

出身:静岡県駿東郡小山町

出身校:小山町立明倫小学校→小山町立小山中学校→加藤学園高等学校

身長:169cm

体重:53kg

趣味:アニメ(特に「アイドルマスターシリーズ」のファンで担当アイドルは水瀬伊織と七尾百合子)

好きな声優:伊藤美来

続いて自己ベストを紹介します。

5000m:13分53秒45 (2017年)

10000m:28分33秒77 (2015年)

ハーフマラソン:1時間02分22秒 (2015年)

マラソン:2時間11分34秒 (2016年)

大学駅伝は、1年生次こそ出場はなかったものの2年生から出雲駅伝 全日本大学駅伝、箱根駅伝全てに出場し、

うち三回の区間賞を取っています。

チーム内では明るくメードメーカーだそうです^^

2017年では箱根駅伝で8区を走り終えて、ファンサービスとしてテレビカメラに向けてVサインをしていたのが印象的です。

そんな下田選手に対して青学の原監督は「選手としての、私の理想の集合体です」と発言しています。

走りだけでなく精神面でもチームの柱となっています。

最後の箱根駅伝でも悔いのない走りでVサインをする姿が見たいですね♪

スポンサードリンク

進路はGMOアスリーツ

青学のエース・下田裕太選手の進路について調べてみました。

下田選手は大学卒業後も競技は継続し、進路は「GMOアスリーツ」に既に内定しているようです。

GMOアスリーツの陸上部は、青学の原晋監督もアドバイザーとして関っています。

卒業しても師弟関係は続くようです^^

所属選手には、三木啓貴選手、渡邉利典選手、橋本崚選手、一色恭志選手など青学出身者も多くいらっしゃいます。

同じ大学出身の先輩が多くいる中で、更なる高みを目指すようです。

まずは、就職の前に最後の箱根駅伝で大学駅伝を笑顔で締めくくってほしいですね^^

下田裕太,写真

まとめ

箱根駅伝で活躍が期待されている青学の4年生エース・下田裕太選手について紹介させていただきました。

イケメンでかっこいいと女性ファンからも大人気の下田選手は、明るい性格からチームでもムードメーカーという事が分かりました。

卒業後の進路はGMOアスリーツに内定が決まっています。

最後の箱根駅伝で将来が楽しみになる走りを見せてくれることに期待です!

スポンサードリンク