日本シリーズも終わり、野球界にも本格的なオフシーズンが到来しました。

そんな中11月9日、プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が発表されました。

2017年のプロ野球を華麗な守備で彩った名手たちを讃える賞の結果をまとめてみました!

スポンサードリンク

「ゴールデングラブ賞2017」発表!

2017年の「三井ゴールデングラブ賞」が発表されました。

まず、あまり知られていない選考対象となるポジションごとの資格を紹介します。

・投手‥規定投球回数(143回)以上投球していること、またはチーム試合数の1/3(47試合)以上登板していること

・捕手‥チーム試合数の1/2(71試合)以上に捕手として出場していること

・内野手‥チーム試合数の1/2(71試合)以上で1ポジションの守備に就いていること

・外野手‥チーム試合数の1/2(71試合)以上に外野手として出場していること

以上となります。ちゃんと試合に出て活躍した選手というのが大前提なんですね。

では、2017年のゴールデングラブ賞の結果はこちらです↓

≪パ・リーグ≫

・投手‥西武・菊池雄星(初受賞)

・捕手‥ソフトバンク・甲斐拓也(初受賞)

・一塁手‥楽天・銀次(初受賞)

・二塁手‥ロッテ・鈴木大地(初受賞)

・三塁手‥ソフトバンク・松田宣浩(5年連続6度目)

・遊撃手‥ソフトバンク・今宮健太(5年連続5度目)

・外野手‥西武・秋山翔吾(3年連続4度目)

・外野手‥ソフトバンク・柳田悠岐(2年ぶり3度目)

・外野手‥日本ハム・西川遥輝(初受賞)

≪セ・リーグ≫

・投手‥巨人・菅野智之(2年連続2度目)

・捕手‥巨人・小林誠司(初受賞)

・一塁手‥DeNA・ロペス(2年連続3度目) 

・二塁手‥広島・菊池涼介(5年連続5度目) 

・三塁手‥阪神・鳥谷敬(三塁手として初受賞)※遊撃手で過去4度受賞 

・遊撃手‥巨人・坂本勇人(2年連続2度目)

・外野手‥広島・丸佳浩(5年連続5度目) 

・外野手‥広島・鈴木誠也(2年連続2度目)

・外野手‥DeNA・桑原将志(初受賞)

受賞者には副賞として賞金50万円と、金ピカのグラブ型トロフィーが贈呈されます。

このトロフィーは、各選手が実際に愛用しているグラブの型をと取り、金色の皮革で作られているる本物のグローブなんだそうです^^

今年はセパ合わせて8選手は初受賞となりました。

特に、阪神の鳥谷敬選手は三塁手で初受賞です。今まで遊撃手では4度も受賞していましたが‥違うポジションでも受賞とはさすがです!

受賞した選手は来年も受賞できるように来年も頑張ってほしいです^^

ヤクルト中日オリから選出なし

2017年の「三井ゴールデングラブ賞」が発表されました。

残念ながらヤクルト、中日、オリックスからは選出がありませんでした。

各チームは悔しいと思いますが、来年は多くの選手が受賞できるように頑張ってほしいですね。

ヤクルトでは11月5日の愛媛・松山市での秋季キャンプにて宮本ヘッドコーチが守備を実演されていました。

宮本ヘッドコーチは現役時代に遊撃で6度もゴールデングラブ賞に輝いています。

ヤクルトの若手選手は、大先輩の守備を学んで来年はゴールデングラブ賞を受賞する事ができるのでしょうか?

選出がなかったチームはキャンプでの守備力強化が課題ですね!

スポンサードリンク

ソフトバンクから4人受賞!

2017年の「三井ゴールデングラブ賞」が発表され、パ・リーグではソフトバンクから4名が受賞しました。

捕手の甲斐拓也選手、三塁手の松田宣浩、遊撃手の今宮健太選手、外野手の柳田悠岐選手です。

特に今宮健太選手は日本シリーズでも大活躍でファインプレーを連発しました。

相手チームからも賞賛が飛ぶほど、見るものを魅了する守備力を持っています。

元々投手だった事もあり、国内内野手一の強肩とも言われています。

守備のスペシャリストが集まる遊撃手の中でゴールデングラブ賞に選出されたというのは、大きな自信にもつながると思います。

来年も華麗な守備で球場を沸かせてほしいですね^^

ホークス,写真

まとめ

11月9日に2017年の「ゴールデングラブ賞」が発表されました。

日本一に輝いたソフトバンクからは見事4選手が受賞しました。

残念ながらヤクルト、中日、オリックスの3チームからの選出なしでした。

来年は3チームから受賞選手が出るように頑張ってほしいですね^^

スポンサードリンク