12月6日に、フジテレビ系音楽特番「FNS歌謡祭」が放送されました。

豪華アーティストのトップバッターは亀梨和也さんと山下智久さんのユニット「亀と山P」でした。

先日怪我をしたばかりの亀梨さんはマイクをテーピングで固定した痛々しい状態で登場しました。

振り付けがないことも予想されていましたが、ダンスもありでさすがのステージでした!

今回は「FNS歌謡祭」での亀梨さんのパフォーマンスについてまとめてみました。

スポンサードリンク

「FNS歌謡祭」に亀と山Pが登場!

12月6日に、フジテレビ系音楽特番「FNS歌謡祭」が放送されました。

今回は12月6日と13日と2週にわたって放送されるスペシャルの第一夜でした。

2日間で合計9時間にも及ぶ生放送のトップバッターで登場したのは亀梨和也さんと山下智久さんでした!

一曲目は2011年に「修二と彰」名義でリリースされた「青春アミーゴ」を披露しました。

二曲目は2017年に「亀と山P」名義でリリースされた「背中越しのチャンス」でした。

豪華なスペシャルにふさわしいトップバッターでしたね^^

衣装もお揃いのチェック柄のスーツでクリスマスを意識したデザインでとても素敵でした♪

亀梨の怪我の状態は?テーピングが痛々しい!

「FNS歌謡祭」のトップバッターで登場した亀と山Pでしたが、亀梨和也さんの姿が話題となっています。

左手にテーピングをしてマイクを固定した状態でパフォーマンスを行いました。

亀梨さんは、12月1日に来年1月から始まるドラマ「FINALCUT(ファイナルカット)」の撮影中に負傷をしたばかりです。

東京都内の公園で体を鍛えるシーンの撮影中に負傷したそうで、医師の治療を受けて、同日夕方には撮影に復帰していたとのこと。

怪我の状態は、左手の人さし指を骨折する全治4週間だったそうです。

骨折からわずか5日での出演ということで、ファンも放送前から怪我の状態を心配していました。

テーピングでマイクを固定しているという事は、マイクは握れない状態なのでしょうか‥

ファンからは「テーピングで固定してるのがショック」「痛々しい」との声が上がっていました。

痛々しい姿でしたが、テーピングをつけた状態でパフォーマンスをした亀梨さんのプロ根性に感動ですね!

スポンサードリンク

ダンスはいつも通り披露!

「FNS歌謡祭」に出演された亀梨和也さんの姿が話題となっています。

亀梨さんは、5日前にドラマの撮影中に左手の人さし指を骨折していました。

ファンの間では、負担を考えてダンスは省略されるのではないかと予想されていました。

しかしながら、トップバッターで山下智久さんとともに登場した亀梨さんは左手にテーピングでマイクを固定した状態で登場しました。

ダンスもいつも通りの振り付けを披露し、怪我を微塵も感じさせないパフォーマンスでした!

さすが、の一言です^^

これにはファンからも賞賛の声が上がっているようです。

しばらくは無理はせずにゆっくり休んでほしいですね。

亀,写真

まとめ

「FNS歌謡祭」に出演された亀梨和也さんについて怪我の状態や本番のパフォーマンスについて紹介させていただきました。

全治4週間の怪我を負っていたものの、テーピングでマイクを左手に固定した状態でいつも通りのダンスと歌を披露しました。

怪我からわずか5日で痛々しい姿でしたが、さすがのパフォーマンスでしたね!

スポンサードリンク