2017年春に実施された大学入試の後、36校が模範解答など解答例を公表していないことが分かりました。

出題ミスにより複数の追加合格生も発表され、解答例公表の必要性も問題視されています。

今回は国立大学が入試の模範解答を非公表にする理由について調べてみました。

国立大学4割が入試模範解答を非公表

2017年春に実施した入試の後、全国立大学の4割を超える36校が

模範解答などの解答例を公表していなかったことが、読売新聞の調査で分かりました。

最近では2017年の入試の出題ミスが発覚し、大阪大学や京都大学では追加合格者も出ています。

読売新聞は、こういった出題ミスの問題を受けて、

2017年春に2次試験(前・後期)を行った国立大82校に

模範解答などの解答例の公表状況を電子メールで尋ねました。

その結果、正解・解答例の全て、または小論文など一部を除いて

公表したのは大阪大、北海道大、筑波大、名古屋大、九州大など45校。

すべて非公表だったのは京都大や東京大、東北大、一橋大、東京工業大など36校だったそうです。
 
文部科学省は、各大学に解答例の開示に努めるよう求めているようです。

国立大学協会の指針でも、正解や模範解答などの開示を努力目標としており、

模範解答だけでなく、出題意図の公表も例示しています。

しかしながら、追加合格者が出ている京都大は、模範解答などの解答例を公表していませんでした。

こういった現状を受けて文科省は今後、正解や解答例の開示ルールを見直す方針です。

大阪大や京都大でも出題ミス

国立大学の入試の出題ミスが問題となっています。

1月には大阪大学で、2月には京都大学で、

去年の2次試験の「物理」に出題ミスがあったとして、

当時、不合格としたそれぞれ30人を追加合格にしています。

文部科学省などによると、この出題ミスを指摘したのは予備校講師など、

外部の複数の人物で「物理で解答できない問題がある」との指摘があったそうです、

こういった出題ミスの可能性も踏まえて、

解答例の公表はすべきであるという声が多く集まっています。

スポンサードリンク

理由は出題ミスの指摘防止か?

国立大学で入試の模範解答を非公表にしている大学が多くある事が分かりました。

その中には出題ミスが判明した大学もあり、問題視されています。

模範解答などを公表している大学は、公表理について以下の通りに語っています。

「本学が求める学力や能力を示すため」(名古屋大など)

「信頼される公平・公正な入試とするため」(長岡技術科学大など

受験生への情報提供のため、またど情報公開の重要性を指摘する大学もありました。

逆に非公表としている理由は何なのでしょうか?

「(記述式問題で)解答例が唯一の解法だと誤解される可能性がある」(千葉大)

「模範解答を目指す受験対策を誘発し、

大学が期待する柔軟で多様な思考力に基づく解答を期待できなくなる」(佐賀大)

7校が受験生に与える影響への懸念を示したようです。

これについてネットからは

「非公表なのは出題ミスの指摘防止でしょ」

「出題ミスがバレるのが嫌だからにしか聞こえない」

「出題ミスを指摘されるのがそんなに嫌なのか」

と厳しい声が飛んでいます。

文部科学省が開示ルールを見直す方針とのことですので、

全校が模範解答を開示するように改善されるかもしれません。

大学,写真

まとめ

国立大学が入試の模範解答を非公表にしている理由を調べてみました。

ネットでは出題ミスを指摘されるのを防止されるためかとの声が多く上がっていました。

文部科学省によると、出題ミスにより追加合格者が多数出ているなどの問題を受けて、

開示ルールを見直す方針だそうです。

近年中には入試の模範解答が全校公開になるかもしれません^^

スポンサードリンク