2月5日、韓国の情報機関が北朝鮮が昨年、韓国の仮想通貨取引所にハッキングを仕掛け、

260億ウォン(約26億円)相当を奪ったと国会で報告しました。

今回は、コインチェックの巨額流出も北朝鮮のサイバー攻撃であった可能性や

被害額は戻ってこないのかどうかについて調べてみました。

スポンサードリンク

北朝鮮が韓国の仮想通貨取引所をハッキング

2月5日、韓国の情報機関、国家情報院が仮想通貨の流出について言及しました。

国家情報院によると、北朝鮮が昨年、少なくとも2カ所以上の韓国の仮想通貨取引所に

ハッキングを仕掛けて260億ウォン(約26億円)相当を奪ったと国会で報告しました。

先日、コインチェックで580億円相当もの仮想通貨が流出した事件についても

北朝鮮の犯行だと推定されるとの見方を示しています。

北朝鮮は、韓国の取引所のネットワークを完全に把握し、数百億ウォン相当を奪ったと指摘し、

取引所や顧客にハッキングのためのメールを多数送り付け、暗証番号などを盗み出していたそうです。

韓国の有名企業が開発したセキュリティーを無力化する技術を駆使しているほか、

取引所の求人に対する応募を装ってメールを送り込む手口も使っていました。

国情院によると、なんと今年に入ってからもまだ北朝鮮が仮想通貨などを奪おうとする動きは続いているようです。

恐ろしいですね‥

実際に日本でもコインチェックの巨額流出で被害が出ていますから

国際的なサイバー犯罪の組織活動に対し、どのような対応をしていくべきなのか課題が残ります。

原因は北朝鮮のサイバー攻撃?

コインチェックの巨額流出の原因が北朝鮮のサイバー攻撃ではないかと言われています。

アメリカのサイバーセキュリティ企業・トレンドマイクロは、

北朝鮮サイバー部隊がインドで「仮想通貨ハッキング」予行演習していた可能性があると発表しました。

トレンドマイクロは1月下旬、自社ブログにおいて

「北朝鮮と関連したハッキンググループ『ラザルス』が、

これまで銀行のハッキングに使用してきたマルウェアの新しいバージョンを、

昨年6月から個人や非金融業界組織の仮想通貨ハッキングに使い始めた。

と明らかにしました。

またラザルスが、ハッキングした資料の一時保存用として使用されていた

サーバーを分析した結果、被害者の55%がインドとその周辺国にいることが把握されました。

これは、ハッカーが同地域を対象物を相手にハッキングなどサイバー攻撃を行ったり、

他の攻撃を準備する目的で練習した可能性があるそうです。

北朝鮮のハッカーが韓国や日本へのサイバー攻撃、仮想通貨のハッキングの練習のために

インドとその周辺国でサイバー攻撃をしていたということです。

北朝鮮でここまで技術が進歩していることを考えると、

国家ぐるみでの犯行という可能性も出てきますね^^;

核・ミサイル問題だけでなくサイバー攻撃までどんどんしてくるようになりました。

これは国家としても「遺憾に思う」で済む問題でもないでしょう。

またいつ次のサイバー攻撃がくるかも分かりません。

直ちに原因究明をして本当に北朝鮮のサイバー攻撃だったのか明らかにしてほしいですね。

スポンサードリンク

被害額は戻ってこない?

コインチェックの巨額流出の原因が北朝鮮のサイバー攻撃であったのではないかと言われています。

北朝鮮にお金を盗られてしまったと聞くと、被害額は戻ってこないような気がしますね‥

ネットの反応を見てみましょう。

「戻ってこないだろうね。取ったもん勝ちみたいになってる」

「北朝鮮が空いてなら盗られたものは戻ってこないだろう」

「犯人がまともな国に住んでいれば逮捕して

取り返すことも期待できたけど、北朝鮮じゃそれも期待できない」

「コインチェックと北朝鮮がグルって可能性も!?」

やはり相手が相手なので戻ってこないと考える人が多いようです。

北朝鮮は仮想通貨を奪うくらい、経済状況が厳しいということなのでしょう。

逆に考えれば各国の経済制裁が効いているとも言えますね。

いずれにしてもコインチェックの被害額を取り戻すのはかなり難しいでしょう。

北朝鮮,写真

まとめ

コインチェックの巨額流出の原因が北朝鮮のサイバー攻撃ではないかという

可能性について紹介させていただきました。

ただ、韓国側は根拠については触れていないのでどこまで本当か分かりません^^;

犯人はまだ不明なので、いつ次の犯行があるかも分かりません。

仮想通貨の利用はしばらく慎重にしておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク