2月21日、夏公開の実写化映画「BLEACH」(以下ブリーチ)の特報映像が解禁されました。

人気俳優の福士蒼汰さん主演で人気漫画を実写化する本作には、

実写映画化決定時から厳しい意見が寄せられていました。

今回は映画版「ブリーチ」についてのネットの意見をまとめてみました!

スポンサードリンク

福士蒼汰主演「ブリーチ」特報解禁!

2月21日、実写映画化された「ブリーチ」の特報映像が解禁されました。

原作は久保帯人さんが手がける同名の人気漫画。

まず、あらすじを紹介させていただきます。

-霊が見えること以外は普通の高校生・一護(福士蒼汰)が、

ある日突然現れた死神と名乗る・朽木ルキア(杉咲花)から死神の力を与えられ、

家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語-

解禁された特報映像では、福士蒼汰さん演じる主人公・黒崎一護が、

ルキアと出会い、普通の高校生から“死神”へと変貌を遂げ、

悪霊を切りつけるアクションシーンも盛り込まれていました。

福士蒼汰さんが久々の映画主演ということで、ファンの方は見逃せませんね^^

公開は2018年7月20日の予定です。

クオリティがひどい!早くも大コケの予感

実写映画化された「ブリーチ」の特報映像が解禁され話題となっています。

人気漫画の実写映画化ということで、ハードルは高くなっていましたが、

原作ファンの反応はどうだったのでしょうか?

調べてみると、今回の映像に対する評価は酷評の嵐となっています。

「実写版BLEACHの特報流れてきたけど、ひどいね…」

「いっちゃいけないんだろうが、ブリーチ実写ひどいわ」

「実写版BLEACH、だめそうな雰囲気しかない」

「クオリティが酷すぎる。違和感しかない」

最近の実写映画化だとハガレンこと「鋼の錬金術師」が話題となりましたね〜

ブリーチの映画化には、ハガレン以上の大コケも予想されています。

すでにクオリティがひどいとの声がありましたが‥

下馬評を覆す事が出来るのでしょうか?^^;

スポンサードリンク

衣装が安っぽいコスプレ感?違和感がすごい

実写映画化された「ブリーチ」の特報映像が解禁され、原作ファンから批判の声が寄せられています。

「ひどい」と言われる原因は何なのでしょうか?

調べてみると、衣装や小物への批判が多い事が分かりました。

「衣装ださすぎ!コスプレで見たやつのほうがクオリティ高かったよ、、」

「衣装と小物が安っぽい。刀がダサすぎる、おもちゃかよ」

「衣装ペラペラなのが多くて安っぽく見えちゃう」

「ただの福士蒼汰と杉咲花のコスプレ。一護とルキアではない!」

衣装や小物が安っぽく見えるというの意見が多いです。

邦画は基本的に低予算ですからしょうがない部分もありますが、

実写映画化はファンありきのものですから、衣装や小物は妥協して欲しくないですね。

また、ルキア役の杉咲花さんですが、髪型が全然違います。

髪型を原作に寄せる事なくロングヘアーのまま演じていますので、

ただの「コスプレをした杉咲花さん」なんですよね〜

こういった、こだわりがない部分が「違和感」に繋がっているのだと思います。

実写映画を見に行く原作ファンの方は、ハードルを落として見ることをオススメします^^;

一護,写真

ルキア,写真

まとめ

実写映画化された「ブリーチ」についてネットの意見を紹介させていただきました。

原作ファンからは「ひどい」「コスプレ感がすごい」と酷評の嵐でした^^;

衣装や小物が安っぽいというところやビジュアルのこだわりのなさが、

「コスプレ感」や「違和感」になってしまっているようです。

とはいえ、福士蒼汰さんファンの方なら楽しめる作品ではあると思います。

原作ファンの方はあまり期待をしないで、別の作品として楽しみましょう!

スポンサードリンク