11月22日午後2時45分頃、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載のC2輸送機が墜落しました。

墜落したのは東京・沖ノ鳥島の北西約150キロの公海上で、搭乗していた11人のうち8人は救助されましたが未だ3人が行方不明です。

今回は、米軍輸送機墜落の原因や行方不明者の捜索はいつまで行われるのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

米軍輸送機墜落

11月22日午後2時45分頃、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載のC2輸送機が墜落しました。

米海軍第7艦隊によると、同空母は北朝鮮をけん制する狙いで10日より他の米空母2隻と演習するなど日本近海で行動していました。

事故当時も海上自衛隊と訓練中だったそうです。

事故当日は、C2は人員と貨物輸送の通常任務のため、山口県の米軍岩国基地を出発して原子力空母に向かう途中でした。

防衛省によると、乗員に自衛隊員が含まれるとの情報はありません。

小野寺五典防衛相は、記者団に「航空機事故がたびたび発生しているので、安全な運行をしっかり米側へ求めていきたい」と語っています。

まだ行方不明者が見つかっていないので言うべきではないかもしれませんが、これが海上ではなくて住宅地の上空だったらと考えると恐ろしいです。

最近、日本近辺で墜落など事故が多いように見受けられます。

安全面を見直して訓練を行ってもらいたいものです。

原因はエンジン不調?

11月22日午後2時45分頃、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載のC2輸送機が墜落しました。

墜落は東京・沖ノ鳥島の北西約150キロの公海上で、海上自衛隊と訓練中だったそうです。

気になるのは墜落の原因ですね。

小野寺五典防衛相は記者団に、アメリカ側が「エンジンの不調が原因ではないか」との見方を示したと明らかにしています。

しかしながら、断定できる情報は未だ出ておらず原因の究明が急がれています。

日本の上空を飛んでいる物ですから、しっかりと原因究明、安全性の確保をしてもらいたいです。

原因は単なるエンジンの不調、だけでは終わらないとは思いますが‥

何か起きてからじゃ遅いですし、私たち一般人は防ぎようがありませんから、鉄の塊が上空から落ちてくる事を考えただけで恐ろしいですよね。

これ以上、犠牲者や怪我人を出さないように米軍も対策をとって、自衛隊も同じような事故を起こさないように務めてもらいたいです。

スポンサードリンク

行方不明者の捜索はいつまで?

11月22日午後2時45分頃、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載のC2輸送機が墜落しました。

原因については詳しく明かされていませんが、今の所はエンジンの不調とされています。

墜落した輸送機には11人が搭乗し、そのうち8人は空母に救助され無事ですが、未だ3人は行方不明です。

空母や海上自衛隊の護衛艦などが現在行方不明者の捜索に当たっているそうです。

一日でも早く行方不明者が見つかって欲しい所ですが‥こういった場合は行方不明者の捜索はいつまで続けてくれるのでしょうか?

調べてみると、事故ごとに期間に違いもあり明確には定められていないようです。

「ある一定の時期」と言われていますが、早くて一週間ほどで打ち切りとなる事もあります。

捜索にもお金がかかるものですので、助かる見込みがなくなれば捜索することもなくなります。

ですので、今回も一週間ほどで行方不明者が見つからなければ捜索が打ち切りとなる可能性が高いです。

行方不明者の方が早く見つかって無事であることを祈るばかりです。

米軍,写真

まとめ

米軍輸送機の墜落について原因や行方不明者の捜索について紹介させていただきました。

原因は今の所エンジン不調とされているようです。

行方不明者の捜索は早くて1週間ほどで打ち切りとなる事もあるようですので、一日も早く行方不明者が見つかり、無事に救出される事を祈ります。

スポンサードリンク