6月12日に、米朝首脳会談が開催されます。

開催場所はシンガポールということで、

会場や宿泊ホテルがどこなのか注目が集まっています。

今回は、米朝首脳会談の会場の場所を調べてみました!

スポンサードリンク

米朝首脳会談がシンガポールで開催!

6月12日に、史上初となる米朝首脳会談が開催されます。

5月24日に予定されていた会談は、北朝鮮側の「怒りと敬意」を理由にトランプ大統領が中止を表明していました。

しかしながら、その後北朝鮮側が会談への意思を明確にしたことから、

今回シンガポールで会談が開かれることとなりましたに。

会談の主要議題は「非核化」になる見込みです。

前回の中止となった北朝鮮の「怒り」の原因は、

核廃棄手法である「リビア方式」に対するものと見られており、

今回の会談でどの程度非核化の話が進むのか注目が集まっています。

シンガポール政府は、会場や宿泊ホテルについて細心の注意を払いながら準備を進めているようです。

関連記事はこちら↓

米朝首脳会談の北朝鮮金正恩は影武者で別人?顔や耳たぶや体型が違う

米朝首脳会談シンガポールでトランプ大統領宿泊ホテルはシャングリラ

【米朝首脳会談】金正恩の宿泊ホテルはザセントレジスシンガポール!

米朝首脳会談中止の理由は北朝鮮の挑発?海外の反応や今後の行方は?

会場場所はセントーサ島か

米朝首脳会談がシンガポールで開催されるとのことですが、

会場のホテルはどこなのでしょうか?

報道によると、アメリカ政府はリゾート地であるセントーサ島を提案しているそうです。

セントーサ島,写真

シンガポール中心地からは橋一本orモノレールでつながっているセントーサ島。

セントーサ島の中にある会場候補地には、高級ホテル「カペラ・シンガポール」が上げられているそうです。

森の奥にあるそのホテルは、厳重警備になっているようで報道陣も中にはいられないようになっています。

安全面も考えて、会場の場所はメディアに事前に明かされないようになっていますが、

立ち入りが制限されていることから、会場としての準備が進められている可能性が高いですね。

セントーサ島は中心地に近いことや、島に出入りできる道路が橋一本という面から見ても警備がしやすいと考えられます。

スポンサードリンク

シャングリラホテルの可能性も

米朝首脳会談の会場の場所が、

シンガポールのセントーサ島が候補地になっていると分かりました。

会談の会場は「カペラ・シンガポール」という高級ホテルの可能性が高いようです。

しかしながら、地元メディアは報じていたのは違う場所でした!

6月4日に出された地元メディアの情報によると、

過去にアメリカの大統領も宿泊してきた「シャングリ・ラ・ホテル」の周辺一帯が、

6月10~14日に「特別活動区」に指定されるようです。

詳細については不明ですが、米朝首脳会談による影響だと見られています。

しかし「特別活動区」に指定されたのは、会談での使用ではなく宿泊での使用とも言われているそうです。

アメリカのトランプ大統領が「シャングリ・ラ・ホテル」に宿泊すると言われています

「セントーサ島が濃厚」という報道もあれば、

「シャングリラホテルでほぼ確実」という報道もあります。

会場はどちらになるのでしょうか?

当ブログではセントーサ島の「カペラホテル」であると予想します!

シャングリラホテルが「特別活動区」に指定されているのは、

会談の会場に使用されるからではなく、トランプ大統領が宿泊するためでしょう。

現在シンガポールは警備や会場準備でかなりピリピリムードになっているそうです。

当日は、トラブルなく安全に会談が進められることでしょう。

シャングリラ,写真

《追記》会場はカペラホテル

米朝首脳会談の会場は、

セントーサ島のカペラホテルに決定したと発表されました!

会談は、12日午前9時(日本時間午前10時)に開始される予定です。

まとめ

米朝首脳会談の会談の会場を紹介させていただきました。

会場はセントーサ島の「カペラホテル」という高級ホテルが有力視されています。

「シャングリラホテル」も会談の期間中は「特別活動区」に指定されることから、

会談の会場になるのではないかという見方をする報道も出ていました。

「シャングリラホテル」には宿泊利用の可能性も考えられ、

会場がどちらになるのか報道も真っ二つでしたが・・

セントーサ島の「カペラホテル」に決定したと発表されました!

スポンサードリンク