5月24日、アメリカのドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にあてた書簡で、

6月12日に予定していた米朝首脳会談を中止すると通告しました。

今回は、米朝首脳会談中止の理由や海外の反応、また今後どうなるのかについて調べてみました!

スポンサードリンク

米朝首脳会談中止を発表

6月12日に予定していた米朝首脳会談の中止が発表されました。

アメリカのホワイトハウスは24日午前(日本時間24日夜)トランプ大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に当てた中止を告げる書簡を公表しました。

これにより、米朝対話の行方は一気に不透明になりました。

書簡の中でトランプ大統領は、世界が「永続的な平和の素晴らしい機会を失った」と表現しました。

朝鮮半島の非核化の進展はアメリカにかかっていただけに、この表現は大げさではありません。

この会談の中止により、北朝鮮はどんな反応を取るのか今後の動向に注目したいと思います。

関連記事はこちら↓

米朝首脳会談シンガポールの会場場所はセントーサ島かシャングリラ?

米朝首脳会談シンガポールでトランプ大統領宿泊ホテルはシャングリラ

【米朝首脳会談】シンガポール金正恩の宿泊ホテルはフラトンホテルか

理由は北朝鮮の挑発?

米朝首脳会談が中止となった理由は何だったのでしょうか?

報道によると中止の理由は、北朝鮮側が示した最近の「怒りとあからさまな敵意」とされています。

また北朝鮮の挑発があったようですね^^;

調べてみると、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官がアメリカのマイク・ペンス副大統領のことを

「愚か」「政治的なまぬけ」などと非難し、

「自分たちがアメリカに首脳会談の実施を「懇願」することはないし、外交が失敗した場合には”核による最終決戦”の可能性がある」

と警告のような表現をしました。

ロイター通信によるとホワイトハウスの関係者は、このペンス副大統領についての北朝鮮側の発言で我慢の限界を超えたとされています。

アメリカとしては、この米朝首脳会談で特に大きな得もないので中止にしたようですね。

また、この中止発表でアメリカはあくまで自分たちが優位な立場にいることをアピールしたとも取れます。

このままですと北朝鮮は、アメリカから制裁を強化されて各国からも孤立をしてしまうでしょう。

年内にはまた会談の予定が取られるでしょうが、北朝鮮は挑発を控えるのか報復するのか・・反応に注目したいと思います。

スポンサードリンク

海外の反応や今後の行方は?

トランプ大統領は、6月に控えている米朝首脳会談の中止を発表しました。

理由は最近の北朝鮮の挑発や敵対的な態度だそうです。

世界的にも関心が高い米朝首脳会談でしたが、中止についての海外の反応はどうなのでしょうか?

・北朝鮮は、トランプの大統領選挙のパートナーであるフェンスを真っ向から非難したことが最大のミスだった。

・やはりトランプが北朝鮮より一枚上だった

・中国の思惑通りか

アメリカの国民などは、北朝鮮の挑発を見て「中止は当然」「会談すべきではない」と中止に対して肯定的な意見が多かったです。

では、近隣の中国や韓国はどうでしょうか・・

【中国】

・これは我が国の外交史上の歴史的勝利だ

・我々の面子はがちゃがちゃにつぶされた

・北朝鮮が核武装を放棄することは不可能だ

・半島の構造は既に静かに変化している、中国のより多くの利益を守るために、迅速に中韓関係を修復させなければならない

【韓国】

・これはアメリカの歴代級の裏切りである

・今日、北朝鮮が核実験場破棄したんじゃなかった?なぜ?

・マジなら米国は狂ってるのか?

・これで米国のイメージ最悪の状態に落ちるのを心から願う

中国に比べて韓国はアメリカに「裏切られた」という印象を持っているのが分かります。

これは、韓国の文在寅大統領が米朝間の「仲介役」をしていたからでしょう。

今回の米朝首脳会談中止で韓国の面目が完全に潰れてしまった形となりました。

一度は歩み寄りの姿勢が見えたアメリカと北朝鮮でしたが、今後は両国しばらく硬直した姿勢となることが予想されています。

また、南北間も情勢の緊迫化が予想されており、韓国には課題が残った状態となりました。

ただ、トランプ大統領もビジネスマン気質がありますから、再度会談に身を乗り出していくるでしょう。

アメリカと北朝鮮の駆け引きに取り残されないように、しっかりと今後の行方を見ていきたいですね。

トランプ,写真

まとめ

米朝首脳会談中止の理由や海外の反応をまとめてみました。

中止の理由は最近の北朝鮮の挑発的な態度のようです。

あくまでアメリカが優位な立場であることを示した形となりました。

海外の反応は、ほとんどがアメリカの判断が妥当であるという意見が多く、

仲介的な立場だった韓国だけは「裏切られた」との声が多く出ていました。

米朝間の今後の行方は、早ければ年内にはまた会談が予定されるものと予想します。

それには両国の歩み寄りや韓国の動きが重要となってきます。

まずはトランプ大統領の次の一手に注目したいですね。

スポンサードリンク