1月31日、NHKの連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインが発表されました。

ヒロインとなったのは実力派のママさん女優・安藤サクラ(31歳)です。

今回は「まんぷく」のヒロインに安藤サクラさんが起用された理由や、

選出方法がオーディションじゃなかったのかどうかについて調べてみました。

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「まんぷく」ヒロインが決定!

今年秋頃から放送されるNHKの朝ドラ「まんぷく」のヒロインが決定しました。

連続テレビ小説として99作目となる「まんぷく」のヒロイン発表について、

1月31日、大阪・中央区のNHK大阪放送局で記者会見が開かれました。

ヒロインの福子役を演じる事となったのは実力派女優の安藤サクラさんです。

安藤サクラさんは平成19年に女優として本格的にデビューし、

数多くの映画やドラマに出演してきました。

平成26年に公開された映画「百円の恋」では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しています。

プライベートでは俳優の柄本佑さんと結婚しており、去年6月に長女が産まれたばかりです。

出産して子育て中の女優がヒロインを演じるのは初めてとなります。

「まんぷく」の撮影は今年の5月から2019年2月いっぱいまで行われる予定とのことです。

10月1日から半年間、放送される予定です。

安藤サクラの起用理由は?

NHK朝ドラ「まんぷく」のヒロインに安藤サクラさんが起用されました。

朝ドラ史上初の「ママさん女優」のヒロインということで起用の理由は気になる所ですね。

1月31日の会見後に行われた囲み取材では、ドラマ制作統括の真鍋斎さんが安藤さんの起用理由を語りました。

「幅が広く、役を憑依させる」

「単純に綺麗なだけでなく、物語の人物として生きることが出来、

ちょっとひと味違うと思っていた」

確かに安藤サクラさんは「美女」ではないですが、味のあるリアルな演技が魅力ですね^^

またオファーから返事までは2ヶ月もかかったことも明かしました。

真鍋さんは返事までの期間について「長い方だと思います」とコメントしています。

安藤さんは出産したばかりということで出演に悩んでいたそうです。

返事が来ないと他の女優さんへオファーする事も考えられますが、

その間真鍋さんは「他の人にはオファーはしておりません」と、安藤さんの出演を願っていたそうです。

「まんぷく」のヒロインに安藤サクラさんが起用された理由は、

ドラマ制作統括の真鍋斎さんの強い希望ということが分かりました!

スポンサーリンク

オーディションじゃない?

NHK朝ドラ「まんぷく」のヒロインが安藤サクラさんに決定しました。

ドラマ制作統括の真鍋斎さんは、昨年10月頃に安藤サクラさんへの出演オファーを出していたそうです。

朝ドラのヒロインと聞くと、オーディションのイメージがありますが、

今回の「まんぷく」はキャスティングでの決定だったようです。

製作発表の場では、ヒロインについては「若手とは限らない」とコメントが出ていました。

恐らく、この頃からすでに安藤サクラさんの名前が上がっていたのでしょう。

最近は朝ドラのヒロインがキャスティングで決定する事が増えてきました。

オーディションで新人女優を発掘するというのも朝ドラの魅力のひとつという声もありますが、

製作側のイメージなど強い意向が優先されているようです。

これについてのネットの意見を見てみましょう。

「やっぱりオーディションで勝ち上がった新人女優さんの登竜門という存在であってほしい」

「朝ドラヒロインはオーディションで選ばれた方がいい」

「確実な演技力求めるならオーディションじゃなくキャスティング」

「オーディションじゃないのは新鮮味がないな~」

「オーディションよりキャスティングの方が楽なのかしら?」

確実にいいドラマにするために実力派や人気女優をキャスティングするのは安全パイですが、

やはり新人女優を発掘する、シンデレラストーリーもなくさないでほしいですね^^

安藤サクラ,写真

まとめ

NHKの朝ドラ「まんぷく」のヒロインが安藤サクラさんになった理由を紹介させていただきました。

理由はドラマ制作統括の方の強い希望でした。

オーディションではなくキャスティングという方法には賛否の声も寄せられています。

どちらもそれぞれのよさがあると思いますので、オーディションという方法もなくさないでほしいですね^^

スポンサーリンク