日本で人気No.1の海外FX業者「XM」億り人を目指せます!

映画

2023年8月18日『サンドランド』公開‼︎

2023年8月18日『サンドランド』公開‼︎

原作 鳥山明氏

鳥山明氏の作品『COWA!』や『カジカ』と同様に『ドラゴンボール』終了後、短期集中連載で描かれた作品であり、鳥山明が老人と戦車を描きたいということから創られたそうです。

漫画のあらすじ

人の行為と天変地異によって、世界のほとんどが砂漠となった世界。砂漠と荒野に覆われた大地に住む人々にとって、生命線であった川が枯渇し、たった一つの水源を独占した国王によって、水は法外な値段で取引され、国中の人々が乾きに喘でいた。

そんな中、この状況を打破すべく国王の水源とは別の水場「幻の泉」を探すために、初老の保安官ラオは腕の立つ魔物に加勢を求め、魔王の息子で王子・ベルゼブブと、そのお目付け役のシーフとともに水源を探す危険な旅へと出発するのだった。

国王軍の戦車を強奪した一行だったが、やがてラオは、約30年前に自らが指揮していた任務により起こった予想外の大爆発が、ピッチ人の絶滅と彼ら戦車隊を殺害するためにゼウ大将軍が計画したものだったことを知る。その爆発により愛する妻を亡くしていたラオ=当時のシバ将軍は、ゼウ大将軍への復讐をラジオ経由で告げ、干上がった川を遡っていき水源を目指す。

途中、戦車部隊を指揮するアレ将軍と交戦するが、シバは持ち前の見事な戦略と砲撃の技術、そしてベルゼブブの視力・聴力とシーフの戦車操縦のサポートにより、瞬く間にアレ将軍の戦車隊の戦闘力のみを奪って撃破してしまう。

旅を続け、国王の水源に到着した一行は、国王が建設したダムを目撃する。そこに、ゼウ大将軍が現れて、国王軍の研究所でドクター・ポセにより造られた生物兵器の虫人間と戦うことになる。ベルゼブブを超える恐るべき戦闘力を持っていた虫人間であったが、ブチキレたベルゼブブによって倒され、ゼウも駆けつけたアレ将軍に撃破される。

そして、ベルゼブブたちは、水源のダムを破壊して川に水を戻した。

ストーリー

魔物も人間も水不足にあえぐ砂漠の世界<サンドランド>。悪魔の王子・ベルゼブブが、魔物のシーフ、人間の保安官ラオと奇妙なトリオを組み砂漠のどこかにある「幻の泉」を探す旅に出る。

キャラクター

ベルゼブラ

悪魔の王・サタンの息子で、ゲームや機会が好きな悪魔の王子。約2500歳。自称“極悪の悪魔”でいたずらはするが、人を殺めるようなことはしない。少年のように純粋な心の持ち主。人間とは比較にならない身体能力を持ち、他人の心を読んだり、脳で会話したり、悪魔故の能力もある。

ラオ

初老の保安官。ただの人間だが、水不足にあえぐ人々を救うため、魔物に協力を求めて「幻の泉」を探す旅に出る。トンファーを駆使して戦う姿は、全く年齢を感じさせない。昔の経験からか、戦車の戦いにも長けています。何か秘密を抱えているようだ。

シーフ

ベルゼブブのお目付役の魔物。盗みが得意で物知り。サンドランドで起きた様々な知識を持っている。ベルゼブブより少し年上で、見た目も老爺そのものだが、意外にも好奇心は旺盛。当初はあまり乗り気ではなかった割りに、旅の道中はしゃぐこともある。

 

鳥山明氏の作品なので、どこかしらドラゴンボール感満載ですね^^

公開が楽しみですね^^

 

 

海外FX業者「XM」の「極」口座は、お得な口座です!