映画

芥川賞作家・平野啓一郎の人気小説『ある男』が実写映画化 2022年11月18日公開

芥川賞作家・平野啓一郎の人気小説

『ある男』が実写映画化

2022年11月18日公開

主演

妻夫木聡 安藤サクラ 窪田正孝

日本の映画史に残る「愛」「過去」を巡る

感動のヒューマンミステリー作品

愛したはずの夫は、まったくの別人でしたーーー

弁護士の城戸は、依頼者の里枝から、亡くなった夫「大祐」の身元調査と言う奇妙な相談を受ける。里枝は離婚を経て、子供を連れて故郷に戻り、やがて出会う「大祐」と再婚。新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、ある日彼が不慮の事故で命を落としてしまう。悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れ、遺影を見ると「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。

愛したはずの夫は、名前もわからないまったくの別人だったのだ、、、。

「大祐」として生きた「ある男」は、いったい誰だったのか。

「ある男」の正体を追い“真実”に近づくにつれて、いつしか城戸の心に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていくーーー。

なぜその男は、別人として生きたのか。

弁護士・城戸がその真実に辿り着いたとき、必ず涙するーーーーー

あなたの亡くなったご主人をXと呼ぶことにします。

豪華キャスト

城戸章良役 妻夫木聡

弁護士。ある日、かつての依頼者である里枝から「ある男」に関する奇妙な相談を受ける。

谷口里枝役 安藤サクラ

城戸が担当したかつての依頼者。法要の日に遺影の「大祐」が自分の弟ではないと恭一が言い放ったことがきっかけで、亡くなった「大祐」の身辺調査を城戸に依頼する。

谷口大祐役 窪田正孝

里枝の再婚相手であり、林業に従事していた。里枝とは里枝の勤務先である文具店を訪れた際に知り合う。のちに事故死するが、本物の「大祐」の兄によって遺影の「大祐」が偽者であると判明する。

後藤美涼役 清野菜名

本物の谷口大祐の元彼女。

谷口恭一役 眞島秀和

本物の谷口大祐の兄。遺影を見て「大祐」が自分の弟ではないと気づく。

中北役 小籔千豊

弁護士で、城戸の同僚。

城戸香織役 真木よう子

城戸の妻。

小見浦憲男役 柄本明

戸籍交換ブローカー。
まとめ

今回は、芥川賞受賞作家の平野啓一郎氏の長編小説『ある男』が実写映画化されると言うことでまとめてみました。

愛した夫がまったくの別人でした。

すごくミステリアスですが、最後には涙する作品となっているようです。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。