日本で人気No.1の海外FX業者「XM」億り人を目指せます!

芸能

松下洸平 主演ドラマ・舞台 まとめ

松下洸平 主演ドラマ・舞台 まとめ

2023年9月15日に公開される映画『ミステリと言う勿れ』に出演されている松下洸平さんの主演ドラマ・舞台をまとめていきます^^

映画『ミステリと言う勿れ』については別途記事にてまとめていますので、こちらからご覧下さい^^

まずは、プロフィールから^^

松下洸平 プロフィール

松下 洸平(まつした こうへい)

  • 生年月日:1987年3月6日
  • 出身:東京都八王子市
  • 身長:175センチ
  • 血液型:A型

松下洸平 主演ドラマ まとめ

ホーム・ノット・アローン(2020年) – 常林浩也 役(桜庭ななみとのW主演)

1人暮らしのマンションで在宅勤務をしていた田中くみ子は、ドアノブがはずれて自室内に閉じ込められてしまい、助けを求めて修理屋へテレビ電話をかける。しかし、電話に出たのは何の面識もない休業中の居酒屋店長・常林浩也だった。間違い電話を詫びようとくみ子は再び常林に電話をかけて、2人は互いにテレビ電話をかけ合う間柄となる。

2人はリモートでつながったまま一緒に食事するオンライン晩さん会を開き、来年の春用の服のデザインを研究するくみ子はオンラインファッションショーを開く。次第に距離を縮める2人は、やがて自身の身の上について語り始める。自分の仕事は不要不急なのかと感じていたくみ子、長期の休業から閉店を考えていた常林は、自粛期間は出番が来る時に備えて力を蓄える期間と前向きに考えを改めて、2人はいつか自由に人と会える日に思いを馳せる。

松下洸平 主演舞台 まとめ

ミュージカル「スリル・ミー」(2011年、2012年、2013年、2014年、2018年)- 私(ネイサン)役

刑務所の仮釈放審議会の席で、囚人である”私”は34年前に起こした犯罪の仔細について語り始めた。

“私”の幼馴染にして、ニーチェの信奉者である”彼”は、自らを特別な存在・超人であるとし、犯罪を犯すスリルによって満足を得ていた。”彼”を愛していた”私”は、互いの欲求に全て応えるという血の契約書を取り交わし、”彼”の犯罪に加担するようになる。

彼らが犯した犯罪の数々は解決されることなく、”彼”の中では「自分は何をしても許される、なぜなら自分は超人だからである」というロジックがより強く確立されていく。満たされていく”彼”に対し、”私”は、自分に対する契約がなかなか履行されないことに不満を抱くようになる。

やがて、放火や窃盗で満たされなくなった”彼”は、さらなるスリルのため、そして自らの超人性を証明するため”私”とともに殺人に手を染める。

学校帰りの子どもを無作為に選び殺害し、顔に塩酸をかけ焼き身元が判らないようにした後、遺棄した。また、殺害前に子どもから聞き出した住所へ身代金要求の脅迫状を送り、金目的の誘拐であるように偽装した。”彼”はこの案を完全犯罪であると信じて疑わない様子であったが、”私”は後のやり取りで「やっぱり上手くいかない」と漏らしていることから、当初から計画のずさんさに気づいていたようである。

遺体はあっけなく発見され、塩酸で焼き忘れた身体的特徴により早々に身元も判明する。

一方、”私”は犯行後メガネを紛失したことに不安をおぼえていた。不安は的中し、遺体の近くに落ちていたメガネが発見される。さらに、そのメガネは高級品であったことから所有者が限られており、”私”に捜査の手が及ぶことは時間の問題であった。ふたりの今後について心配する”私”に対して”彼”は、取り調べを受けるのはお前だけだと言い捨てる。絶望の淵へと突き落とされた”私”の様子に構わず、”彼”は、自分の言うとおりにすれば無能な警察の目をくらませることなど容易いとうそぶき、”私”に虚偽のアリバイの提案をする。そして、くれぐれも自分のことを他言せぬようにと念を押す。

“彼”に見捨てられることを悟った”私”は、自首をし、また”彼”についても言及したことから、ふたりは逮捕される。

裁判では、”私”の父が雇った死刑廃止論者の弁護士が大演説をぶち、99年の実刑判決が下された。死刑の回避を喜ぶ”彼”に、”私”は真実を打ち明ける。

わざとメガネを遺体の近くへ落としてきたこと、永遠(99年)に”彼”と共に過ごす、あるいは”彼”と共に死刑となり命を終えるのが目的であったこと、全ては自分がこうなるよう仕向けたのだということ。

現在、”彼”は獄中で事件に巻き込まれ、既にこの世を去っている。

仮釈放が認められた”私”は、返還された幾つかの所持品の中にあった学生時代の”彼”の写真に語りかけ、物語は終わる。

最後までご覧頂き、ありがとうございました^^

 

海外FX業者「XM」の「極」口座は、お得な口座です!