ドラマ

有村架純 主演ドラマ まとめ 写真あらすじ

有村架純

主演ドラマまとめ

有村 架純(ありむら かすみ)

  • 1993年2月13日(29歳)
  • 兵庫県伊丹市出身
  • 女優

2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中にFLaMmeのオーディションを受け、合格。

2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり、4月に親元を離れ、上京。

有村架純 主演ドラマまとめ

ひよっこ(2017年) – 谷田部みね子 役

2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京したみね子は、墨田区の工場で働き始める。 初めて見る東京は、想像をはるかに超えた大都会で戸惑うことばかり。 低賃金に慣れない仕事。 “金の卵(※)”を待ち受けていた現実に時々くじけそうになるが、東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんが心の支えとなっていく。

永遠のぼくら sea side blue(2015年) – 松岡あおい 役

自分の意志で何も決めないまま大人(=社会人)になろうとしていた主人公と自分の夢へ向かって邁進しようとする海洋大学の学生たち。 価値観のまったく違う彼らが主人公の撮った1枚の写真をきっかけに出会い、ある共同作業を行うことに。 一緒に過ごすうち、お互いが影響し合い、恋と友情もそれぞれの人生も大きく動き出すー。

海に降る(2015年) – 天谷深雪 役

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の有人潜水調査船「しんかい6500」運航チームに所属する天谷深雪は、女性初のパイロット訓練生。父の北里厚志は「しんかい6500」の建造に関わった技術開発者であったが、深雪が幼い頃に両親は離婚。アメリカで再婚した厚志に深雪は何度も手紙を送るも、返事が来ることは一度もなかった。深雪は寂しさを感じていたが、「世界で一番深い海に行く船を造る」と約束した厚志を信じ、業務に勤しむ日々を送っていた。

そんなある日、深雪の前に小学生・北里陽生が突然現れる。陽生は厚志と再婚相手の息子だった。陽生の「パパ、もう日本に帰ってこないよ」という言葉に動揺した深雪は、コパイロットの昇格をかけた訓練潜航中に閉所恐怖症を発症してしまう。当然、昇格の話は白紙に。閉所恐怖症が完全に治癒するまで、「しんかい6500」への乗船は禁止されてしまう。

傷心の深雪は運航チームの飲み会で、広報課に入ったばかりの新人・高峰浩二と初めて顔を合わせる。高峰は広報課の身でありながら「しんかい6500」で深海に潜りたいと力強く語り、深雪は激怒する。実は高峰の父は深海生物学者で、一度だけ深海で目撃した未確認深海生物〈白い糸〉を長年探し続けたが見つからず、防波堤から海に落ちて亡くなっていた。高峰は父の夢を叶えるために、JAMSTECに入所したのだった。

深雪はしばらく高峰と組んで仕事をすることを命じられる。陽生と高峰に振り回されながら、深雪は自分が何のために深海に潜るのかについてもう一度考えていく。

世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP 傑作復活編「昨日公園」(2015年) – 中島美和 役

東京の大学に進学した美和は、幼少からの親友・隆子といつしか疎遠になっていた。久々の故郷で、フルートを吹く隆子と再会した美和は、その夜隆子が事故死したことを聞いて驚がくする。やりきれない思いを抱えて立ち寄った公園で美和が見たのは、昨日と同じくフルートを吹く隆子の姿。美和は、隆子を死の運命から救おうと奔走するのだが…

中学聖日記(2018年) – 末永聖 役

教師になることが夢だった末永聖は中学校教師として赴任する。そこで不思議な魅力を持った男子中学生・黒岩晶と運命の出会いをする。しかし、聖には既に婚約を交わしている男性・川合勝太郎がおり、聖は魅力的な雰囲気を漂わせる晶と、生涯を共にする婚約者・勝太郎との間で思い悩むことになる。

「この子に恋をしてはいけない」と思いつつも、毎日のように聖に恋心をぶつけてくる晶から次第に逃れられなくなり、聖の心は日々揺れ動いていく。一方の婚約者である勝太郎は聖にとっても大人の男であり、常に聖の味方であり続けているが、あまりに完璧すぎる勝太郎の存在は聖にとっては少しずつ重荷になっていってしまっている。

勝太郎が勤める会社の同僚であり、かつ帰国子女およびバイセクシャルでもある原口律は、狙った恋や獲物は決して逃さない人物で聖や勝太郎を翻弄していく。そして、息子の晶が年上の中学教師に恋をしてしまっていることに危機感を感じている母親の黒岩愛子は何とか気を逸らそうと、晶に懸命に向き合おうと努力するのだがどうにも上手くいかないことに焦燥感を覚えていく。

そして、生きる(2019年) – 生田瞳子 役

清隆は大手企業に就職が決まるが、いまだ進む道に悩んでいた。 そんな中、メールや電話でやりとりを重ねていた二人は互いへの思いを強めていく。 2011年に東北で出会った二人が強く生きる姿を描く。 幼い頃に両親を亡くし、伯父(光石研)に引き取られた瞳子(有村架純)は、女優を目指す。

有村架純の撮休(2020年) – 有村架純(本人) 役

突然の撮休、有村架純は久々に帰省することにした。架純は駅まで迎えに来た母・由美子(風吹ジュン)とともに実家へと向かう。夕食のロール白菜を作りながら母子でたわいもない会話をしていると、そこに架純とは面識のない男・誠(満島真之介)が訪れる。架純の父の仏前で手を合わせる誠と、誠に親しげに自転車の修理を頼む由美子。由美子の誘いで3人は夕食をともにすることに……。

姉ちゃんの恋人(2020年) – 安達桃子 役

9年前、安達桃子は高校3年生の時に交通事故で両親を亡くしてしまい、残された3人の弟たち和輝、優輝、朝輝を養うため大学進学を断念、叔父の川上菊雄から紹介されたホームセンター「T’s Craft & Home」に就職して葛西店のホームファッション売り場で働き始める。それ以来桃子は弟たちの幸せを何よりも大切に考え、一家の大黒柱として辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。

そんなある日、ハロウィンを迎えようとしていた頃、桃子の提案を切っ掛けにホームセンターではクリスマスに向けて店内を装飾するプロジェクトチームを発足させることとなり、各部署からメンバーが選出され、桃子はそのリーダーを任される。桃子はそのプロジェクトでそれまで接点のなかった配送部の吉岡真人と出会い、価値観が似ていたことから彼に恋をする。クリスマスのプロジェクトは無事成功し、桃子はバーで偶然出会った配送部の高田悟志に一目惚れしていた先輩の市原日南子にダブルデートを持ちかけ、そのダブルデートで桃子は真人に告白するが、真人は困った顔をする。真人は傷害事件で前科があることから、自分は幸せになってはいけない、他人に関わってはいけないと心を閉ざしていたのだ。事情を聞いた桃子は「一緒に泣こう。一緒に笑おう。私の恋人になってください」と事情を承知したうえで真人の心に寄り添い改めて告白し、真人に交際の願いを受け入れてもらう。

ある日、桃子と真人がデートをしていると真人が実刑を受ける遠因となる事実に反する証言をした元交際相手の武部香里と再会する。謝罪する香里を制し、真人は「世界中に言いたいぐらい幸せ」「どっちが幸せに生きてるか競争だね 」と香里に告げ、彼女の過去の偽りの証言を水に流す。真人の母・貴子にも挨拶を済ませた桃子は、真人を安達家で開催されるクリスマスパーティーに誘う。クリスマスパーティー当日、安達家に向かう真人と桃子は、桃子が座っていた男性の足にぶつかったことをきっかけに揉め、二人組の男性から暴力をふるわれそうになるが、真人は桃子を盾となって守り抜き、真人が過去に起した傷害事件を思い起こさせる出来事を二人で乗り越え絆を深める。

12月24日、ホームセンターでは社員やその家族を対象としたクリスマスパーティーが開かれ、桃子と真人はパーティーを抜け出し、クリスマスツリーの前でキスを交わす。

その後、二人は冬の海岸にデートに出かけ、桃子は真人から俺みたいな男と結婚する方がいいとプロポーズされ、喜ぶ。桃子は真人に夢見ていることを話す。それは、安達家の食卓に桃子と真人、桃子の親友で和輝の彼女である浜野みゆきや和輝、優輝、朝輝、さらには貴子がいて、みんなで笑っていることだった。桃子は海を眺めながら、真人の肩にもたれかかる。

前科者 -新米保護司・阿川佳代-(2021年) – 阿川佳代 役

阿川佳代(有村架純)はコンビニでアルバイトをして生計を立てながら、罪を犯した者の更生を助ける無給の国家公務員である保護司になることを決意する。研修会などを経て、保護司になったばかりの佳代は、経営していたアクセサリーショップの従業員に激しい暴力を振るい、恐喝および傷害罪で懲役2年を経て仮釈放となった斉藤みどり(石橋静河)、実の兄を殺害し6年の実刑判決を受けるが刑期を半年残して仮釈放となった石川二朗(大東駿介)、覚醒剤取締法違反で執行猶予となった田村多実子(古川琴音)を担当することに。
保護司として“前科者”の居場所を見つけるために奔走する佳代は、過去のある経験からトラウマを抱えていた。保護観察対象者である彼らはそんな彼女と過ごすことで犯した罪と向き合い、心を動かされる。そして佳代もまた、3人と接していくうちに成長をしていく。

石子と羽男-そんなコトで訴えます?-(2022年) – 石田硝子 役

綿郎(さだまさし)が「何日か出かけてくる」とメッセージを残し、連絡が取れなくなった。綿郎が御子神(田中哲司)と一緒にいた目論見とは……。

一方、警察は拓(望月歩)が殺人事件の現場で見たという「もう一人」の人物を捜していたが、手掛かりがつかめない。

そんな中、石子(有村架純)と羽男(中村倫也)は、綾(山本未來)と高岡(森下能幸)が巻き込まれた不動産投資詐欺と、綿郎が追っていた不動産投資詐欺事件に共通点が多いと気が付く。同一グループの犯行ではないかと考えた石子と羽男は、共同で訴えることを高岡と綾に提案。大庭(赤楚衛二)も手伝い、法律事務所一丸となって証拠集めに奔走し、訴訟の準備を進める。

そして口頭弁論当日、羽男が法廷で顔を合わせたのは裁判官の父・泰助(イッセー尾形)。石子は新証言を持って法廷に駆け付ける予定だったが……。

まとめ

今回は、有村架純さんの主演ドラマについてまとめてみました。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。