映画

映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』2022.10.07同日公開!

映画

『僕が愛したすべての君へ』

『君を愛したひとりの僕へ』

2作同日公開決定!!

2022.10.07

TikTokで話題になり累計発行部数28万部を突破した、乙野四文字氏(おとの よもじ)の小説。『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』がアニメーションとなり、10月7日(金)より、2作同日公開することが決定した。

観る順番で結末が大きく変わるふたつのラブストーリー

並行世界を行き来することができる<ふたつの世界><ひとつの物語>

この秋、新しいラブストーリーが誕生する!

2016年に刊行された乙野四文字氏の小説。                    ❝並行世界❞を行き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少女と恋に落ちるラブストーリー。                    この2作品はそれぞれの物語が独立しています。2作読むとふたつの世界が絡み合い交差して、お互いがお互いの世界を支えあっていることに気づく、斬新な設定が隠れているようです。

–あらすじ–

僕が愛したすべての君へ

両親が離婚し、母親と暮らす高校生の高崎 暦 (たかさき こよみ)。

ある日、クラスメイトの瀧川 和音 (たきがわ かずね)に声をかけられる。

85番目の並行世界から移動してきたという彼女は、その世界で2人は恋人同士であると告げるが…

並行世界の自分は自分なのか。

君を愛したひとりの僕へ

両親が離婚し、父親と暮らす小学生の日高 暦 (ひだか こよみ)。

ある日、父の転勤先で佐藤 栞 (さとう しおり)という少女に出会う。

お互いに恋心を抱くようになる暦と栞だったが、親同士が再婚することを知らされる。

ふたりは兄妹にならない運命が約束された並行世界への駆け落ちを決断するが…

彼女がいない世界に意味はなかった。

見る順番で結末が変わる!?

円環をなすように2つの物語が構成され、どちらから読むのも自由・読んだ順番でそろぞれ切ない/幸せな物語が浮かび上がってくるという仕掛けが施されているようです。

切ない物語が好きな人は

  1. 『僕が愛したすべての君へ』
  2. 『君を愛したひとりの僕へ』

の順番で切ない結末に!

幸せな物語が好きな人は

  1. 『君を愛したひとりの僕へ』
  2. 『僕が愛したすべての君へ』

の順番で幸せな結末に!

まとめ

今回は、TikTokでも話題の小説、『僕が愛したすべての君へ』、『君を愛したひとりの僕へ』の映画が2作品同時公開ということでまとめてみました。

どちらから先に見るかによって、結末が変わる作品となっているようです。

悲しい結末か…、幸せな結末か…

みなさんはどちらにしますか?

最後までご覧いただきありがとうございました。