映画

映画『マイ・ブロークン・マリコ』人気漫画 実写化 2022年9月30日公開

人気漫画 実写化

映画『マイ・ブロークン・マリコ』

2022年9月30日公開

主演 永野芽郁

連載開始直後からトレンド入り連発。
大反響を呼んだ衝撃コミック、映画化。

ある日、ブラック企業勤めのシイノトモヨ(永野芽郁)を襲った衝撃的な事件。それは、親友のイカガワマリコ(奈緒)がマンションから転落死したという報せだった――。

彼女の死を受け入れられないまま茫然自失するシイノだったが、大切なダチの遺骨が毒親の手に渡ったと知り、居ても立っても居られず行動を開始。包丁を片手に単身“敵地”へと乗り込み、マリコの遺骨を奪取する。

幼い頃から父親や恋人に暴力を振るわれ、人生を奪われ続けた親友に自分ができることはないのか…。シイノがたどり着いた答えは、学生時代にマリコが行きたがっていた海へと彼女の遺骨を連れていくことだった。

道中で出会った男・マキオ(窪田正孝)も巻き込み、最初で最後の“二人旅”がいま、始まる。

キャスト

シイノ トモヨ役 永野芽郁

本作の主人公、26歳、未成年(美少女時代)の頃からタバコを吹かす程の愛煙家、ブラック企業に勤める美人でやさぐれOL。高校の同級生マリコの突然の死を知り、彼女のために出来る事を探す。

イカガワ マリコ役 奈緒

主人公シイノの同級生で貴重なダチ。父親からの虐待や彼氏の暴力から、シイノにたびたび助けられる。26歳のある日、自室ベランダから飛び降り自殺をする。

マキオ役 窪田正孝

「まりがおか岬」の近くに住む若い男性。偶然出会ったシイノの世話をする。

 

まとめ

今回は、漫画作品『マイ・ブロークン・マリコ』が映画化されると言う事でまとめてみました。

たった一人の親友の遺骨を奪って最後の旅に、出ると言うストーリー展開が気になります。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。