芸能

日テレの桝太一の年収が凄かった!退社が決まった彼は離婚しているの?

日本テレビの看板アナウンサーとして人気の高い「桝太一」

水卜アナと並んで日テレを支える屋台骨のような存在ですよね!

そんな桝太一が日本テレビを退社することが先日報道されましたが、彼ほど活躍しているアナウンサーがなぜ辞めてしまうのか?

何か裏があるのではないか?と勘ぐってしまいますが、そのあたりを調べてみました。

・好感度の高いアナウンサーの桝太一!彼の学歴、生い立ちは?

桝太一は千葉県生まれの現在40歳。

大学卒業後彼は2006年に日本テレビに入社しています。

彼の学歴がすごいと噂されていますが、彼は中高一貫の「麻布中学、高等学校」を卒業し、その後東京大学農学部に入学!なんと東京大学の大学院まで出た後に入社しています。

麻布高校から東京大学ってエリート級の進学生だったんです。

彼はレポーターを希望していたのですが最初はプロレス班に配属され、2008年にNOAの日本武道館大会で実況デビューを果たします。

その後は今やおなじみ「ZIP」の総合司会や数多くの番組をこなしていき、日本テレビの看板アナウンサーとして活躍しました。

・幸せそうな桝太一!離婚説が出ているけどどうなの

彼からは品の良さと、柔らかい物腰が印象的です。

プライベートでも一般女性と結婚していますし、幸せなライフスタイルを送っているものと思われますが、気になるワードが彼を調べていると出てきました。

それは「桝太一 離婚」というワードです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

結論から言うと…離婚歴はない物と思われますが、一体なぜこのような噂が立ってしまったのでしょうか。

それは桝太一の奥様が「恐妻」のようで、不仲が囁かれたり離婚などのイメージが先行してしまったようです。

なぜ「恐妻」と思われるのか?それは桝太一自身がテレビで「O.Aを見てダメ出しされる」とか「食事は自分で作っている」などのエピソードを語ってしまい、奥様のイメージを視聴者が決めつけてしまったために、噂が流れたようです。

確かに「人生辛いんじゃないの?」と思うようなイメージを持ってしまいがちですが、当の本人は全く不幸などと思っておらず、「嫁のクールな感じが最高!」と奥さん大好き宣言をしています。

お互いに強い点、弱い点のバランスがしっかりとれた夫婦なのではないかと思います。

・結構稼いでそうだけど…なんで日テレ辞めるの?

テレビのアナウンサーは高給取りのイメージがありますが、実際どうなのでしょう…

日本テレビの看板アナウンサーなので、相当稼いでいるのでは?と思いますが、あくまでテレビ局の社員なので推定ですが「1500万円」ほどと思われます。

1000万円を超えているのですから十分稼いでいると思いますが、なぜか少なく感じてしまう。

フリーで活躍しているアナウンサーはさらに上の金額を稼いでいるので、彼ももっと稼ぎたいから退社するのでは?と思いますが、理由は全く違う物でした。

彼は大学院に進むほどの方で、東大時代は「穴子の研究」を東大大学院では「あさりの研究」をされていたのですが、実に研究熱心な方なのです。

そんな彼はアナウンサーではなく、同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員として転職するのです。

年収で言ったら確実に「半減」してしまうことになります。

助教授クラスの年収は約500万円ほど…彼はどうしてしまったのか?

彼は「理系版の池上彰さんを目指す!」と公言しており、研究者としてしっかりと伝える立場になることを目指しています。

好きだけでなく、より高い次元で考えられた目標を持っておられるので、少しの間は年収が下がってしまうかもしれませんが、彼なら大丈夫だと思います!

アナウンサーの仕事は全てやらない方向と考えていたそうですですが、彼の尊敬する「福澤朗」の後任MCを務めている「真相報道バンキシャ!」だけは続けることになったそうです。

志の高い目標を持っている桝太一の活躍から目が離せません!

・桝太一の魅力と彼の今後が気になる…

桝太一に対して悪いイメージを持っている方って少ないと思います。

彼の番組を見ている視聴者の印象以上に局の中の人間からも評判は素晴らしいのです。

人当たりもよく、仕事にしっかり向き合うスタンスが素晴らしい彼は誰から見ても魅力十分!

そんな彼を必死に止めたい日本テレビは彼を残そうと担当の番組を全て続けることを条件に出したギャラの提案が「1本 100万円!」

テレビ局のアナウンサーとしては破格の金額を提示したのですが、彼の人柄、実績を踏まえたら納得の数字です。

研究員というとあまり表に出ないイメージですが、彼のうまいところはアナウンサーだけに伝える能力が素晴らしい。

自分の好きな研究をして、その経験をしっかりと世に伝えていくことができれば「池上彰氏」のような存在になれると思います。

まとめ

実力ナンバーワンの呼び声も高い桝太一。

彼をテレビで見ることが少なくなるのは悲しいですが、確実に何年後に成長して戻ってくると思います。

アナウンサーではなく、ジャーナリストのような大きな存在になってテレビに戻ってきて欲しいですね!

彼の活躍を期待しましょう!