映画

小説『線は、僕を描く』横浜流星を主演に迎えて映画化 2022年10月21日公開

青春小説を実写化

映画『線は、僕を描く』

『線は、僕を描く』(せんは、ぼくをえがく)は、砥上裕將による日本の小説。

水墨画の美しさに触れ、魅了された大学生の成長・再生を描く。

水墨画との出会いで、止まっていた時間が動き出す。
これは、喪失と再生の物語。
大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。
白と黒だけで表現された【水墨画】が霜介の前に色鮮やかに拡がる。
深い悲しみに包まれていた霜介の世界が、変わる。
巨匠・篠田湖山に声をかけられ【水墨画】を学び始める霜介。
【水墨画】は筆先から生み出す「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。
霜介は初めての【水墨画】に戸惑いながらもその世界に魅了されていく、、、

キャスト

青山霧介(そうすけ)役 横浜流星

とあるきっかけで水墨画を学ぶことになり、
その世界に魅了されていく主人公。
様々な出会いによって、内に秘めた水墨画の才能を開花させていく。

篠田千瑛(ちあき)役 清原果耶

水墨画の巨匠・篠田湖山の孫。
霜介と出会い、ライバル心を抱くようになる。

古前巧(こまえ)役 細田佳央太

霜介の親友。
霜介に水墨画を始めるきっかけを与える。

川岸美嘉役 河合優実

霜介に触発されて水墨画を初めた同級生。
古前とともに水墨画サークルを立ち上げる。

国枝豊役 矢島健一

美術館館長。

滝柳康博役 夙川アトム

大手広告代理店の営業。

笹久保隆役 井上想良

大手広告代理店の営業。

藤堂翠山役 富田靖子

水墨画の評論家。

西濱湖峰役 江口洋介

湖山の一番弟子。
少々破天荒気味なところもあり、霜介を翻弄する。
根は優しく、霜介・千瑛たちを温かく見守っている。

篠田湖山役 三浦友和

水墨画の巨匠。
霜介を一目見て、弟子として迎え入れることを決める。

まとめ

今回は、小説『僕は線を描く』が映画化されるのでまとめてみました。

注目ポイントとしては、『ちはやふる』の監督と同じだそうです。

水墨画と横浜流星さん、、、、落ち着いた雰囲気が合いそうですね。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。