芸能

上戸彩 主演ドラマ ストーリー まとめ

上戸彩 主演ドラマ ストーリー まとめ

人気女優の上戸彩さんの主演ドラマをまとめてみました。

ご結婚されてから、テレビに出演は減ってしまいまった事が残念です

まずはプロフィールからまとめてみます^^

上戸彩 プロフィール

上戸彩(うえと・あや)

  • 生年月日:1985年9月14日
  • 出身:東京都練馬区光が丘
  • 身長:162センチ
  • 血液型:O型
  • 夫はEXIL HIRO
  • 子供は2人

主演ドラマ まとめ

ひと夏のパパへ(2003年) – 望月まりも

大西勝男は、学生時代に世話になった先輩を自宅の火事で亡くした。先輩の妻は意識不明の重体で入院し、勝男は残されたその子供たちを引き取ることにした。

エースをねらえ!(2004年) – 岡ひろみ

品作の主人公。お蝶夫人こと龍崎麗香に憧れてテニス部に入部する。新任のコーチの宗方から代表選手に抜擢されたことで、それまでの生活が一変してしまう。それに翻弄されながらも、宗方の厳しい指導の下、天性の運動神経と持ち前の根性により自身の才能を開花させて行く。平凡ながら愛情豊かな家庭に育ったおかげで、普段は明るく女の子らしい性格の持ち主。自宅の自室にいるシーンでは花柄の半袖のルームウェアを着て、紫色のサングラスをしている。

アタックNO.1(2005年) – 鮎原こずえ

富士見学園中等部に転校してきた主人公・鮎原こずえが、不良グループを率いてバレーボール部に挑戦し力が認められてキャプテンとして迎えられる。こずえと仲間達は様々な試練を乗り越え世界を目指す。

翼の折れた天使たち 第一夜「セレブ」(2006年) – 小峰奈々子 役

小峰奈々子は貧しい家庭に育ち、その反動から家出し上京、援助交際をしてまで裕福な生活を送っていた。しかし両親の愛情を思い出し、本当の幸せは金銭と関係ないことに気づく物語。

アテンションプリーズ(2006年) – 美咲洋子 役

このドラマの主人公。昭和60年4月2日生まれの牡羊座で、入社当時21歳。実家は北九州にある小さな運送会社で、幼い頃に母親を亡くし、男兄弟4人の中で育った。そのためか、男勝りでガサツなところもあるが、負けず嫌いで明るい性格。また、調子に乗ってしまう性格で教官・三神や先輩CA・カオルをしばしば不安視させてしまうこともある。地元で男友達とバンド活動をやっていて、片思いしていた司から制服姿を見てみたいと言われ、CAになることを決意。訓練の途中で何度も挫折しながらもCAを目指す。翔太とはお互い惹かれあっているが、いつも喧嘩してしまう。2007年スペシャル版では国際線移行訓練と国際線OJTを経て、弥生・有紀・沙織・はるか・理恵とともに国際線デビュー。2008年スペシャル版では奈々江のOJTインストラクターとなる。工作が昔から苦手。訓練生時代に木下クラスの訓練生から「OJTへの延伸は確実」と揶揄をされ、一人だけ本当にOJTへの延伸を強いられ苦い経験をした経緯があり、国際線の客室乗務員としてサービスをこなせるようになっても「訓練センター」という言葉はトラウマとなっている。余談だが、食欲は同期のCAとしてはかなり旺盛であり、弥生の父が経営するそば屋ではおかわりをしたり、ラーメン屋では坦々麺の大盛りを注文するほどである。

下北サンデーズ(2006年) – 里中ゆいか 役

東京都下北沢が舞台。主人公・里中ゆいかは千葉大学進学の為に山梨県から上京。上京したはいいものの、幼い頃から旅館を経営する両親から欲しいものを何でも買い与えられていたため、欲しいものも、希望も無くなってしまっていた。大学説明会でゲリラ的に劇団員勧誘を行った「下北サンデーズ」という貧乏小劇団に興味を持ち、公演を鑑賞したゆいかは感銘を受け、入団を決意する。

ホテリアー(2007年) – 小田桐杏子 役

一流ホテルを舞台に、そこで働くスタッフたちの人間関係と友情、またそのホテルの買収をもくろむ企業買収家と経営者の攻防をリアルに描いた作品。日本版はサブタイトルに『豪華ホテルをめぐる嫉妬・裏切り・そして愛』がつけられていたが、放送開始時には『ホテリアー』のみに変更された。

韓国版が日本で好評だったことから話題となりペ・ヨンジュンが特別出演するなど期待度は高かったが視聴率は1話以外全て1桁台となり低迷した。

暴れん坊ママ(2007年) – 川野あゆ 役

上戸彩佑樹の継母・亮の実母。哲の後妻。旧姓は吉田。母とは生まれてすぐ死別。荒々しくぶっきらぼうだが、基本はポジティブ。負けず嫌い。声の大きさは父譲り。一人称は「うち」。佑樹を引き取ることになってしまい、日々奮闘。当初から最低限の家事はしていたが、毎日の送迎・裁縫・キャラ弁作りもこなしていく。佑樹から「あゆ」と呼ばれ、一方の景子は「ママ」と呼ばれたことに心が揺れる。

ホカベン(2008年) – 堂本灯 役

新人弁護士・堂本孝(ドラマ版では堂本灯)は司法修習を終えた後、法律相談所「エムザ」に入所し、プロボノセクションに配属された。そこで堂本は、そのセクションのリーダーで自身の教育係・杉崎と出会う。しかし依頼者からの相談を受ける中で、法律に背き虐げられた弱者の辛い現実や、「法律は弱者を守ってくれる」と考える堂本と、法律の限界を知り尽くし「弱者を守らないどころか殺せる武器」と考える杉崎との対立に直面する。それでも堂本は弱者を救うために、情熱だけで立ち向かう。

セレブと貧乏太郎(2008年) – 美田園アリス 役

世界のホテル王の父親と女優の母親を持ち、何不自由ない環境で育った令嬢・美田園アリス。5年前に妻と死別し、3人の子供を養いながら極貧生活を送るも、前向きに生きるワーキングプアの青年・佐藤太郎。地位も価値観も正反対、住む世界が違うと思われた2人だったが、ひょんなことから出会い…。

愛はみえる〜全盲夫婦に宿った小さな命(2010年) – 立松樹里 役

二人とも全盲の視覚障害者である夫婦。妻はミュージシャンとして成功することを夢見るシンガーソングライター。夫はマッサージ師の仕事と並行して自らもサポートミュージシャンとして妻の夢を応援していた。仲むつまじく暮らしていた二人はやがて子供を授かる。周囲の不安をよそに、障害をかかえた夫婦はたどたどしさを抱えながらも必死に子供を育てる。そんな中、妻にプロデビューのチャンスが巡ってくる。

絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜(2010年) – 桜木泉 役

警視庁捜査一課に新しく設置された『未解決事件特命捜査対策室』に3ヶ月前に配属された新人刑事・桜木泉。彼女は強烈な個性を持つ捜査員達と対立しながらも、難事件を解決していく。

10年先も君に恋して(2010年) – 小野沢里花 役

老舗出版社に勤める文芸編集者・小野沢里花は、読書家で仕事熱心だが、なぜか男運が悪い。ここ最近、里花の周辺でトレンチコート姿の怪しい男が出没して付きまとってくる。実はその男は、2020年の未来から来た将来の夫・円山博だが、「将来、自分と里花は修復不可能な状態にまで悪化する」という理由で、里花と自分の結婚を阻止するべく未来から現れたのだった。しかし、里花は現在の博と運命的な出会いを果たし、互いに惹かれあってしまう。

いつか陽のあたる場所で(2013年) – 小森谷芭子 役

29歳。強盗罪で服役していた。裕福な家庭に育ったが、大学在学中に、好きだったホストに貢ぐために、伝言ダイヤルで相手を見つけては昏睡強盗を繰り返し、6件目の犯行後に自宅前で逮捕された。懲役7年の判決が下され、身元引受人がいなかったためほぼ満期で出所。親兄弟・親戚から縁を切られ、祖母が遺した谷中の家で一人で暮らしている。両親が祖母に嘘をついていたため、近所の人々は祖母が生前に自慢していたように、海外留学をしていたと信じている。しばしば過去を悔い、昔の顔見知りに会うことを恐れている。自宅近くのマッサージ専門店「オレンジ治療院」で受付事務のバイトをしていたが、院長にセクハラ・パワハラされ辞めてしまう。20代のほとんどを刑期に費やしたため、服役中に格段に進歩した技術について行けず、パソコンも携帯電話のメールも苦手。その後、ペットショップでアルバイトを始め、ペット用の服の制作を任されるようになり、客からも好評を得る。洋裁の技術は刑務作業で培った。綾香の生き別れの息子の行方を捜そうと仙台へ赴き、東日本大震災に遭い、避難先のホテルで知り合った南と共に東京までタクシーを乗り継いで帰り、自身の過去を全て話した上で付き合い始める。震災の後遺症で不眠になり、雑踏に長時間いられなくなるなどの症状を発した。

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(2014年) – 笹本紗和 役

主人公の笹本紗和は、夫の俊介と狭いマンションで平凡に暮らす主婦。ある日、紗和はパート先のスーパーで起きた車上荒らしをきっかけに滝川利佳子と知り合うことになる。利佳子は裕福な夫、そして2人の娘と何不自由なく暮らしながら遊び感覚で不倫を楽しむ、美しく危険な人妻だった。

車上荒らしの一件で紗和は犯人の高校生の担任教師、北野裕一郎と出会う。裕一郎には妻がいたが、お互いに惹かれ合っていく紗和と裕一郎。一方の利佳子は画家の加藤修に遊び以上の想いを抱き、順調だった家庭内に波風を立ててしまう。

利佳子の影響は受けまいと葛藤しつつ、裕一郎と不倫関係に陥る紗和。次第に本気の恋愛へと発展していく。

今回は、上戸彩さんの主演ドラマについてまとめてみました。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。