芸能

アニソンの黒崎真音が可愛すぎる!神田沙也加とのユニットの行方は?

神田沙也加とユニットを組んでいたアニソン歌手の「黒崎真音」

彼女の死去で黒崎真音の名前を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか?

神田沙也加が亡くなってしまった今、彼女はどのような活動を今後していくのでしょう…

さらに黒崎真音という人物がどれくらいの歌手なのか?彼女について深掘りしていきたいと思います。

・黒崎真音の歌唱力が半端ない!歌がうまくて可愛いって最強!

まずは黒崎真音という人物とは…

彼女は当初東京の吉祥寺を中心にユニットでライブ活動をしていました。

2008年から本格的にソロ活動を始めるのですが、秋葉原ディアステージでの活動中に現在のプロデューサーである「冨田明宏氏」に才能を見出されデビューへの階段を登り始めます。

すると2010年「学園目次録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」のエンディングテーマを収録したアルバム「H.O.T.D.」で見事メジャーデビューを果たします。

彼女の愛称は「ヲ嬢」この理由は「ヲタクなお嬢様」という理由だそうです。

やはりアニソン歌手はヲタクな一面を持った方が多いですからね!

そしてなんと言っても彼女の魅力は可愛らしい風貌から発せられる、圧倒的な歌唱力ではないでしょうか。

オタクと聞くと…陰キャラのようなイメージをしてしまいますが、彼女は全くそのようなことはなくむしろびっくりするくらいの可愛らしさの持ち主です。

しかも歌唱力は圧巻で、普段の温和な雰囲気からは想像もできないくらいの声量でバリエーション豊かに歌い上げます。

アニソンだけにとどまらず色々なジャンルに挑戦してほしいと思います!

・黒崎真音と神田沙也加二人の関係が気になる!

黒崎真音と切っても切り離せない存在の神田沙也加。

神田沙也加は黒崎真音にとってどのような存在だったのか?

彼女たち二人はユニットを組んでいたのです。名称を「ALICes」と言います。

きっかけは2015年に行われたAnimelo Summer Live(アニサマ)で共演したのがきっかけと言われています。

年も1つしか違わないですし、お互いジャンルは違ど活躍されていた二人なので、打ち解け会うには時間が掛からなかったと思います。

そしてどことなく二人とも顔が似てる…と思うのは私だけでしょうか?

どこか姉妹のような雰囲気の二人、これからの活躍が期待されていただけに神田沙也加の訃報はとても残念ですね。

・神田沙也加の訃報を受けて…彼女のTwitterが意味するものは?

神田沙也加の訃報は世間に衝撃を与えました。

彼女ほどの人物が公演中の舞台の間にあのようなことになってしまうには余程のことがあったはず。

最近になって原因が少しずつわかってきましたが、未だ真相は闇の中です。

そして一番傷ついたであろう人が黒崎真音ではないでしょうか?

姉妹のような仲の良さを披露していた二人ですから、彼女の悲しみのほどを計り知れません。

そして訃報後Twitterで黒崎真音が意味深なツイート連発しています。

内容を見ているだけで…神田沙也加への愛情を深く感じました。

神田沙也加が唯一心を許した存在が黒崎真音だったのかもしれません。

昔からメンタルが弱い一面があった「神田沙也加」ですが、黒崎真音は彼女を包み込むような愛情で見守り続けていたことが手にとるようにわかるツイートの連発でした。

ひょっとして黒崎も…なんて嫌な考えを思ってしまいそうなくらい、彼女も傷ついていましたが神田沙也加が亡くなった今、黒崎真音しかできないことがあります。

それは「ALICes」を続けること!

彼女はこのユニットを守り抜くことを表明していますし、さらに強くなった彼女を今後注目していきたいと思います。

 

・黒崎真音の今後は?アニソンを牽引する存在に…

今後の活躍がとても期待される黒崎真音ですが、気になるのが彼女が9月にライブ中に倒れたことです。

すぐさま病院に運ばれたのですが病名が「硬膜外血腫」という病気で、脳と硬膜との間に血が溜まる状態を示します。

もちろん発見されたらすぐさま手術をするのですが、彼女は運よく緊急手術をすることができ現在では容態が安定しているとのことです。

彼女の体調が良くない時に訃報を聞いたので、相当彼女には堪えたと思います。

しかし逆境を乗り越えた彼女は一回りも二回りも大きく今後成長していくことが期待されます。

もちろん実力は素晴らしいものがありますから、どんどん色々なことに挑戦していただいて羽ばたいて行って欲しいと思います。

まとめ

昨年は不運の一年を過ごした黒崎真音ですが、いい時もあれば悪い時もあるものです。

歌い手としてこのような経験を自分の成長の糧として、今後も頑張って欲しいと思います。

彼女ほどの実力があれば日本のアニソンシーンを牽引する存在になっていくことでしょう。

彼女の人気は今や日本だけにとどまらず、アジア全体に広がり続けていますからさらなる活躍が期待でしますね。

今後も目の離せない存在黒崎真音に大注目です!